検索

3.11. デバッグ目的でのアクセスログバッファーの無効化

download PDF

デバッグの目的で、デフォルトで有効になっているアクセスログバッファーを無効にできます。アクセスログのバッファーが無効になっていると、Directory Server はログエントリーをディスクに直接書き込みます。

警告

通常の操作環境では、アクセスログを無効にしないでください。バッファーを無効にすると、特に負荷が大きい場合に、Directory Server のパフォーマンスが低下します。

3.11.1. コマンドラインを使用したアクセスログバッファーの無効化

アクセスログのバッファリングを無効にすると、ディレクトリーサーバーはログエントリーをディスクに直接書き込みます。

手順

  1. アクセスログのバッファリングを無効にするには、次のように入力します。

    # dsconf -D "cn=Directory Manager" ldap://server.example.com config replace nsslapd-accesslog-logbuffering=off

検証

  1. 連続モードでアクセスログを表示します。

    # tail -f /var/log/dirsrv/slapd-instance_name/access
  2. 検索など、ディレクトリー内でアクションを実行します。
  3. アクセスログをモニターします。ユーザーがディレクトリーでアクションを実行すると、ログエントリーが遅延なく表示されます。

3.11.2. Web コンソールを使用したアクセスログバッファーの無効化

アクセスログのバッファリングを無効にすると、ディレクトリーサーバーはログエントリーをディスクに直接書き込みます。

手順

  1. Server Logging Access Log Settings に移動します。
  2. Access Log Buffering Enabled の選択を解除します。
  3. Save Log Settings をクリックします。

検証

  1. Monitoring Logging Access Log に移動します。
  2. Continuously Refresh を選択します。
  3. 検索など、ディレクトリー内でアクションを実行します。
  4. アクセスログをモニターします。ユーザーがディレクトリーでアクションを実行すると、ログエントリーが遅延なく表示されます。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.