検索

12.10. ACI バインドルールの定義

download PDF

アクセス制御手順 (ACI) のバインドルールは、Directory Server が ACI を適用するのに必要なバインドパラメーターを定義します。たとえば、以下に基づいてバインドルールを設定できます。

  • DNS
  • グループメンバーシップまたは割り当てられたロール
  • エントリーがバインドする場所
  • バインド時に使用する必要のある認証の種類
  • バインドが実行される回数または日数

ACI では、以下の強調表示された部分はバインドルールになります。

(target_rule) (version 3.0; acl "ACL_name"; permission_rule bind_rules;)

12.10.1. バインドルールの構文

バインドルールの一般的な構文は以下のとおりです。

keyword comparison_operator "expression"
  • keyword: bind 操作のタイプを設定します。
  • comparison_operator: 有効な値は = および != で、ターゲットが式で指定されたオブジェクトであるかを示します。キーワードが追加の比較演算子に対応している場合は、該当するセクションで説明されます。
  • expression: 式を設定し、引用符で囲む必要があります。式自体は使用するキーワードによって異なります。

12.10.2. ユーザーベースのアクセスの定義

userdn キーワードを使用すると、1 つまたは複数の DN に基づいてアクセスを許可または拒否でき、以下の構文を使用します。

userdn comparison_operator "ldap:///distinguished_name || ldap:///distinguished_name || ..."

式の DN を以下のように設定します。

注記

LDAP URL 内でホスト名またはポート番号を指定しないでください。URL は常にローカルサーバーに適用されます。

userdn キーワードでの DN の使用

userdn キーワードを識別名 (DN) に設定して、ACI を一致するエントリーのみに適用します。複数のエントリーを照合するには、DN で * ワイルドカードを使用します。

userdn キーワードを DN とともに使用するには、以下の構文を使用します。

userdn comparison_operator ldap:///distinguished_name

例12.12 userdn キーワードでの DN の使用

uid=admin,ou=People,dc=example,dc=com ユーザーが ou=People,dc=example,dc=com エントリーで他のすべてのユーザーの manager 属性を読み取るようにするには、以下を実行します。

# ldapmodify -D "cn=Directory Manager" -W -H ldap://server.example.com -x

dn: ou=People,dc=example,dc=com
changetype: modify
add: aci
aci: (targetattr="manager") (version 3.0; acl "Allow uid=admin reading manager attribute";
 allow (search, read) userdn = "ldap:///uid=admin,ou=People,dc=example,dc=com";)

LDAP フィルターで userdn キーワードの使用

ユーザーへのパーミッションを動的に許可または拒否するには、LDAP フィルターで userdn キーワードを使用します。

userdn comparison_operator "ldap:///distinguished_name??scope?(filter)"
注記

LDAP フィルターは * ワイルドカードをサポートします。

例12.13 LDAP フィルターで userdn キーワードの使用

department 属性が Human Resources に設定されたユーザーを有効にするには、ou=People,dc=example,dc=com エントリーでユーザーの homePostalAddress 属性を更新します。

# ldapmodify -D "cn=Directory Manager" -W -H ldap://server.example.com -x

dn: ou=People,dc=example,dc=com
changetype: modify
add: aci
aci: (targetattr="homePostalAddress") (version 3.0;
 acl "Allow HR setting homePostalAddress"; allow (write)
 userdn = "ldap:///ou=People,dc=example,dc=com??sub?(department=Human Resources)";)

匿名アクセスの付与

特定の状況では、管理者はディレクトリー内のデータへの匿名アクセスを設定します。匿名アクセスは、以下を指定してディレクトリーにバインドできることを意味します。

  • バインド DN およびパスワードなし
  • 有効なバインド DN およびパスワード

匿名アクセスを設定するには、bind ルールの userdn キーワードで ldap:///anyone 式を使用します。

userdn comparison_operator "ldap:///anyone"

例12.14 匿名アクセスの付与

認証なしですべてのユーザーが ou=People,dc=example,dc=com エントリーで sngivenName、および telephoneNumber 属性を読み取りおよび検索できるようにするには、以下を行います。

# ldapmodify -D "cn=Directory Manager" -W -H __ldap://server.example.com -x`
dn: ou=People,dc=example,dc=com
changetype: modify
add: aci
aci: (targetattr="sn" || targetattr="givenName" || targetattr = "telephoneNumber")
 (version 3.0; acl "Anonymous read, search for names and phone numbers";
 allow (read, search) userdn = "ldap:///anyone")

認証済みユーザーへのアクセスの付与

特定の状況では、管理者は匿名バインドを除き、Directory Server に正常にバインドできるユーザーにパーミッションを付与します。この機能を設定するには、bind ルールの userdn キーワードで ldap:///all 式を使用します。

userdn comparison_operator "ldap:///all"

例12.15 認証済みユーザーへのアクセスの付与

認証されたユーザーが自分自身をメンバーとして ou=example,ou=groups,dc=example,dc=com グループに追加およびグループから削除できるようにするには、以下を実行します。

# ldapmodify -D "cn=Directory Manager" -W -H ldap://server.example.com -x

dn: ou=example,ou=Groups,dc=example,dc=com
changetype: modify
add: aci
aci: (targetattr="member") (version 3.0;
 acl "Allow users to add/remove themselves from example group";
 allow (selfwrite) userdn = "ldap:///all")

ユーザーが空のエントリーにアクセスできるようにする

ユーザーの独自のエントリーへのアクセスを許可または拒否する ACI を設定するには、bind ルールの userdn キーワードで ldap:///self 式を使用します。

userdn comparison_operator "ldap:///self"

例12.16 ユーザーが空のエントリーにアクセスできるようにする

ou=People,dc=example,dc=com エントリーのユーザーが独自の userPassword 属性を更新できるようにするには、以下を実行します。

# ldapmodify -D "cn=Directory Manager" -W -H ldap://server.example.com -x

dn: ou=People,dc=example,dc=com
changetype: modify
add: aci
aci: (targetattr="userPassword") (version 3.0;
 acl "Allow users updating their password";
 allow (write) userdn = "ldap:///self")

ユーザーの子エントリーへのアクセス設定

バインド DN がターゲットエントリーの親である場合にのみエントリーへのアクセスを許可または拒否されるように設定するには、bind ルールの userdn キーワードで self:///parent 式を使用します。

userdn comparison_operator "ldap:///parent"

例12.17 ユーザーの子エントリーへのアクセス設定

cn=user,ou=People,dc=example,dc=com ユーザーが独自のサブエントリー (cn=example,cn=user,ou=People,dc=example,dc=com など) の manager 属性を更新できるようにするには、以下を実行します。

# ldapmodify -D "cn=Directory Manager" -W -H ldap://server.example.com -x
dn: cn=user,ou=People,dc=example,dc=com
changetype: modify
add: aci
aci: (targetattr="manager") (version 3.0;
 acl "Allow cn=user to update manager attributes";
 allow (write) userdn = "ldap:///parent")

12.10.3. グループベースのアクセスの定義

グループベースのアクセス制御手順 (ACI) を使用すると、グループへのユーザーの追加、またはグループからのユーザーの削除により、アクセスを管理できます。グループメンバーシップに基づく ACI を設定するには、groupdn キーワードを使用します。ユーザーが指定された 1 つまたは複数のグループのメンバーである場合は、ACI が一致します。

groupdn キーワードを使用すると、Directory Server は以下の属性に基づいてグループメンバーシップを検証します。

  • member
  • uniqueMember
  • memberURL
  • memberCertificateDescription

groupdn キーワードでルールをバインドするには、以下の構文を使用します。

groupdn comparison_operator "ldap:///distinguished_name || ldap:///distinguished_name || ..."

式の識別名 (DN) を次のように設定します。

1 つのバインドルールに複数の DN を設定する場合は、認証されたユーザーがこれらのグループのいずれかのメンバーの場合、Directory Server は ACI を適用します。ユーザーを複数のグループのメンバーとして設定するには、複数の groupdn キーワードを使用して、ブール値 and 演算子を使用して組み合わせます。詳細は、Combining Bind Rules Using Boolean Operators を参照してください。

注記

LDAP URL 内でホスト名またはポート番号を指定しないでください。URL は常にローカルサーバーに適用されます。

groupdn キーワードでの DN の使用

ACI をグループのメンバーに適用するには、groupdn キーワードをグループの DN に設定します。

DN に設定された groupdn キーワードは、以下の構文を使用します。

groupdn comparison_operator ldap:///distinguished_name

例12.18 groupdn キーワードでの DN の使用

cn=example,ou=Groups,dc=example,dc=com グループのメンバーが ou=People,dc=example,dc=com のエントリーの manager 属性を検索および読み取るようにするには、以下を実行します。

# ldapmodify -D "cn=Directory Manager" -W -H ldap://server.example.com -x

dn: ou=People,dc=example,dc=com
changetype: modify
add: aci
aci: (targetattr="manager") (version 3.0;
 acl "Allow example group to read manager attribute";
 allow (search, read) groupdn = "ldap:///cn=example,ou=Groups,dc=example,dc=com";)

LDAP フィルターで groupdn キーワードの使用

groupdn キーワードを使用した LDAP フィルターを使用すると、ACI に一致させるために、認証されたユーザーがフィルター検索で返されるグループの少なくとも 1 つのメンバーでなければならないことを定義できます。

LDAP フィルターが含まれる groupdn キーワードは以下の構文を使用します。

groupdn comparison_operator "ldap:///distinguished_name??scope?(filter)"
注記

LDAP フィルターは * ワイルドカードをサポートします。

例12.19 LDAP フィルターで groupdn キーワードの使用

dc=example,dc=com のグループのメンバーや、manager 属性が example に設定されているサブツリーを有効にするには、ou=People,dc=example,dc=com のエントリーの homePostalAddress を更新します。

# ldapmodify -D "cn=Directory Manager" -W -H ldap://server.example.com -x
dn: ou=People,dc=example,dc=com
changetype: modify
add: aci
aci: (targetattr="homePostalAddress") (version 3.0;
 acl "Allow manager=example setting homePostalAddress"; allow (write)
 userdn = "ldap:///dc=example,dc=com??sub?(manager=example)";)

12.10.4. 値の一致に基づくアクセスの定義

バインドルールの userattr キーワードを使用して、ディレクトリーとターゲットエントリーにバインドするのに使用されるエントリー間でどの属性が一致するかを指定します。

userattr キーワードは、以下の構文を使用します。

userattr comparison_operator "attribute_name#bind_type_or_attribute_value

詳細は、以下を参照してください。

重要

デフォルトでは、Directory Server は、作成したエントリーに対するアクセス権限を評価します。ただし、同じレベルのユーザーオブジェクトを防ぐために、Directory Server は、userattr キーワードを使用した場合に、アクセス制御手順 (ACI) を設定したエントリーに add パーミッションを付与しません。この動作を設定するには、parent キーワードとともに userattr キーワードを使用して、レベル 0 にもパーミッションを付与します。

継承の詳細は、Defining access based on value matching を参照してください。

USERDN バインドタイプの使用

バインディングユーザーの識別名 (DN) が属性に保存されている DN と一致する場合に ACI を適用するには、USERDN バインドタイプを使用します。

USERDN バインドタイプの userattr キーワードには、以下の構文を使用します。

userattr comparison_operator "attribute_name#USERDN"

例12.20 USERDN バインドタイプの使用

マネージャーに対し、すべての権限を独自の関連付けの telephoneNumber 属性に付与するには、以下を実行します。

# ldapmodify -D "cn=Directory Manager" -W -H ldap://server.example.com -x

dn: ou=People,dc=example,dc=com
changetype: modify
add: aci
aci: (targetattr = "telephoneNumber")
 (version 3.0; acl "Manager: telephoneNumber";
 allow (all) userattr = "manager#USERDN";)

前述の ACI は、ou=People,dc=example,dc=com のエントリーに対して操作を行ったユーザーの DN が、このエントリーの manager 属性に格納されている DN と一致すれば、真と評価されます。

GROUPDN バインドタイプの使用

バインディングユーザー DN が属性に設定されたグループのメンバーである場合に ACI を適用するには、GROUPDN バインドタイプを使用します。

GROUPDN バインドタイプの userattr キーワードには、以下の構文を使用します。

userattr comparison_operator "attribute_name#GROUPDN"

例12.21 GROUPDN バインドタイプの使用

ユーザーに、ou=Social Committee,ou=Groups,dc=example,dc=com エントリーを所有するグループエントリーを削除する権限を付与するには、以下を実行します。

# ldapmodify -D "cn=Directory Manager" -W -H ldap://server.example.com -x

dn: ou=Social Committee,ou=Groups,dc=example,dc=com
changetype: modify
add: aci
aci: (target="ou=Social Committee,ou=Groups,dc=example,dc=com)
 (targattrfilters="del=objectClass:(objectClass=groupOfNames)")
 (version 3.0; acl "Delete Group";
 allow (delete) userattr = "owner#GROUPDN";)

操作を実行するユーザーの DN が owner 属性で指定されたグループのメンバーである場合に、以前の ACI が true になります。

指定のグループは動的グループで、グループの DN はデータベースの任意の接尾辞にすることができます。しかし、このタイプの ACI をサーバーが評価するには、リソースを大量に必要とします。

ターゲットエントリーと同じ接尾辞の下にある静的グループを使用している場合は、パフォーマンスを改善するために以下の式を使用します。

userattr comparison_operator "ldap:///distinguished_name?attribute_name#GROUPDN"

ROLEDN バインドタイプの使用

バインディングユーザーが属性で指定されたロールに属する場合に ACI を適用するには、ROLEDN バインドタイプを使用します。

ROLEDN バインドタイプの userattr キーワードには、以下の構文を使用します。

userattr comparison_operator "attribute_name#ROLEDN"

例12.22 ROLEDN バインドタイプの使用

cn=Administrators,dc=example,dc=com ロールを持つユーザーが ou=People,dc=example,dc=com のエントリーの manager 属性を検索および読み取るようにするには、以下を実行します。

# ldapmodify -D "cn=Directory Manager" -W -H ldap://server.example.com -x

dn: ou=People,dc=example,dc=com
changetype: modify
add: aci
aci: (version 3.0; acl "Allow example role owners to read manager attribute";
 allow (search, read) userattr = manager#ROLEDN;)

指定のロールはデータベースの任意の接尾辞の下に置くことができます。フィルターされたロールも使用している場合、このタイプの ACI の評価は、サーバー上の多くのリソースを使用します。

静的ロール定義を使用し、ロールエントリーがターゲットエントリーと同じ接尾辞下にある場合は、パフォーマンスを向上させるために以下の式を使用します。

SELFDN バインドタイプの使用

SELFDN バインドタイプを使用すると、バインドされたユーザーの DN がエントリーの単一値属性に設定されている場合にパーミッションを付与できます。

SELFDN バインドタイプの userattr キーワードには、以下の構文を使用します。

userattr comparison_operator "attribute_name#SELFDN"

例12.23 SELFDN バインドタイプの使用

ユーザーが ipatokenOwner 属性にバインドユーザーの DN が設定された ipatokenuniqueid=*,cn=otp,dc=example,dc=com エントリーを追加できるようにするには、次のコマンドを実行します。

# ldapmodify -D "cn=Directory Manager" -W -H ldap://server.example.com -x

dn: ou=otp,dc=example,dc=com
changetype: modify
add: aci
aci: (target = "ldap:///ipatokenuniqueid=*,cn=otp,dc=example,dc=com")
 (targetfilter = "(objectClass=ipaToken)")(version 3.0;
 acl "token-add-delete"; allow (add) userattr = "ipatokenOwner#SELFDN";)

LDAPURL バインドタイプの使用

バインド DN がターゲットエントリーの属性で指定されたフィルターと一致する場合に ACL を適用するには、LDAPURL バインドタイプを使用します。

LDAPURL バインドタイプの userattr キーワードには、以下の構文を使用します。

userattr comparison_operator "attribute_name#LDAPURL"

例12.24 LDAPURL バインドタイプの使用

ldap:///ou=People,dc=example,dc=com??one?(uid=user*) に設定した aciurl 属性が含まれるユーザーオブジェクトに読み取りパーミッションおよび検索パーミッションを付与するには、以下を実行します。

# ldapmodify -D "cn=Directory Manager" -W -H ldap://server.example.com -x
dn: ou=People,dc=example,dc=com
changetype: modify
add: aci
aci: (targetattr = "*")
 (version 3.0; acl "Allow read,search "; allow (read,search)
 (userattr = "aciurl#LDAPURL);)

継承による userattr キーワードの使用

userattr キーワードを使用してターゲットエントリーにバインドするために使用されるエントリーを関連付ける場合、ACI は指定されたターゲットにのみ適用され、その下のエントリーには適用されません。特定の状況下では、管理者は ACI の適用範囲を、対象となるエントリーよりも数レベル広げたいと考えます。これは、parent キーワードを使用して、ACI を継承するターゲットよりも低いレベルの数を指定できます。

parent キーワードで userattr キーワードを使用する場合、構文は以下のようになります。

userattr comparison_operator "parent[inheritance_level].attribute_name#bind_type_or_attribute_value
  • inheritance_level: ターゲットが ACI を継承するレベルの数を指定します。ターゲットエントリーの下に、5 つのレベル (01234) を追加できます。ゼロ (0) はターゲットエントリーを示します。
  • attribute_name: userattr または groupattr のキーワードでターゲットとする属性。
  • bind_type_or_attribute_value: USERDN などの属性値またはバインドタイプを設定します。

以下に例を示します。

userattr = "parent[0,1].manager#USERDN"

このバインドルールは、バインド DN がターゲットエントリーのマネージャー属性と一致する場合に true になります。バインドルールが true であるときに付与されるパーミッションは、ターゲットエントリーと、その下のすべてのエントリーに適用されます。

例12.25 継承による userattr キーワードの使用

ユーザーの DN が owner 属性に設定されている cn=Profiles,dc=example,dc=com エントリー、および cn=mail,cn=Profiles,dc=example,dc=com および cn=news,cn=Profiles,dc=example,dc=com を含む第 1 レベルの子エントリーの読み取りと検索を可能にするには、以下を実行します。

# ldapmodify -D "cn=Directory Manager" -W -H ldap://server.example.com -x`

dn: cn=Profiles,dc=example,dc=com
changetype: modify
add: aci
aci: (targetattr="*") (version 3.0; acl "Profile access",
 allow (read,search) userattr="parent[0,1].owner#USERDN" ;)

12.10.5. 特定の IP アドレスまたは範囲からのアクセスの定義

バインドルールの ip キーワードを使用すると、特定の IP アドレスまたは IP アドレスの範囲からのアクセスを許可または拒否できます。

ip キーワードでルールをバインドするには、以下の構文を使用します。

ip comparison_operator "IP_address_or_range"

例12.26 バインドルールでの IPv4 アドレス範囲の使用

192.0.2.0/24 ネットワークから dc=example,dc=com エントリーへのアクセスを拒否するには、以下のコマンドを実行します。

# ldapmodify -D "cn=Directory Manager" -W -H ldap://server.example.com -x

dn: dc=example,dc=com
changetype: modify
add: aci
aci: (targetattr = "*") (version 3.0;acl "Deny 192.0.2.0/24"; deny (all)
 (userdn = "ldap:///anyone") and (ip != "192.0.2.");)

例12.27 バインドルールでの IPv6 アドレス範囲の使用

2001:db8::/64 ネットワークから dc=example,dc=com エントリーへのアクセスを拒否するには、以下のコマンドを実行します。

# ldapmodify -D "cn=Directory Manager" -W -H ldap://server.example.com -x

dn: dc=example,dc=com
changetype: modify
add: aci
aci: (targetattr = "*") (version 3.0;acl "Deny 2001:db8::/64"; deny (all)
 (userdn = "ldap:///anyone") and (ip != "2001:db8::");)

12.10.6. 特定のホストまたはドメインからアクセスの定義

バインドルールの dns キーワードを使用すると、特定のホストまたはドメインからのアクセスを許可または拒否できます。

警告

DNS を使用して Directory Server が完全修飾ドメイン名 (FQDN) への接続 IP アドレスを解決できない場合、サーバーはこのクライアントの dns バインディングルールを持つアクセス制御手順 (ACI) を適用しません。

クライアント IP アドレスが DNS を使用して解決できない場合は、代わりに ip キーワードおよび IP アドレスを使用してください。特定の IP アドレスまたは範囲からのアクセスの定義 を参照してください。

dns キーワードでルールをバインドするには、以下の構文を使用します。

dns comparison_operator "host_name_or_domain_name"

例12.28 特定のホストからのアクセスの定義

client.example.com ホストから dc=example,dc=com エントリーへのアクセスを拒否するには、以下を実行します。

# ldapmodify -D "cn=Directory Manager" -W -H ldap://server.example.com -x

dn: dc=example,dc=com
changetype: modify
add: aci
aci: (targetattr = "*") (version 3.0;acl "Deny client.example.com"; deny (all)
 (userdn = "ldap:///anyone") and (dns != "client.example.com");)

例12.29 特定のドメインからアクセスの定義

example.com ドメイン内のすべてのホストから dc=example,dc=com エントリーへのアクセスを拒否するには、以下を実行します。

# ldapmodify -D "cn=Directory Manager" -W -H ldap://server.example.com -x

dn: dc=example,dc=com
changetype: modify
add: aci
aci: (targetattr = "") (version 3.0;acl "Deny example.com"; deny (all) (userdn = "ldap:///anyone") and (dns != ".example.com");)

12.10.7. 接続に一定レベルのセキュリティーの要求

接続のセキュリティーは、操作を処理するために必要な最低限の鍵の強度を設定する SSF (Security Strength Factor) によって決定されます。バインドルールで ssf キーワードを使用すると、接続が一定レベルのセキュリティーを使用する必要があります。これにより、パスワード変更などの操作を強制的に、暗号化された接続上で実行できます。

すべての操作の SSF 値は、TLS 接続と SASL バインドの間の値が高くなります。これは、サーバーが TLS で実行されるように設定され、レプリカ合意が SASL/GSSAPI に対して設定されている場合は、操作の SSF が利用可能な暗号化タイプがよりセキュアであることを意味します。

ssf キーワードでルールをバインドするには、以下の構文を使用します。

ssf comparison_operator key_strength

以下の比較演算子を使用できます。

  • = (等しい)
  • ! (等しくない)
  • < (より小さい)
  • > (より大きい)
  • (より小さいか等しい)
  • >= (より大きいか等しい)

key_strength パラメーターが 0 に設定されている場合、LDAP 操作にセキュアな操作は必要ありません。

例12.30 接続に一定レベルのセキュリティーの要求

dc=example,dc=com エントリーのユーザーが、SSF が 128 以上の場合にのみ、userPassword 属性を更新できるように設定する場合は、以下を実行します。

# ldapmodify -D "cn=Directory Manager" -W -H ldap://server.example.com -x

dn: dc=example,dc=com
changetype: modify
add: aci
aci: (targetattr = "userPassword") (version 3.0;
 acl "Allow users updating own userPassword";
 allow (write) (userdn = "ldap:///self") and (ssf >= "128");)

12.10.8. 曜日の特定の日におけるアクセスの定義

バインドルールの dayofweek キーワードを使用すると、曜日に基づいてアクセスを許可または拒否できます。

注記

Directory Server はサーバー上で時間を使用してアクセス制御手順 (ACI) を評価しますが、クライアントの時間ではありません。

dayofweek キーワードでルールをバインドするには、以下の構文を使用します。

dayofweek comparison_operator "comma-separated_list_of_days"

例12.31 特定の曜日にアクセスの付与

毎週土曜日と日曜日のサーバーにバインドするために uid=user,ou=People,dc=example,dc=com ユーザーエントリーのアクセスを拒否するには、以下を実行します。

# ldapmodify -D "cn=Directory Manager" -W -H ldap://server.example.com -x

dn: ou=People,dc=example,dc=com
changetype: modify
add: aci
aci: (version 3.0; acl "Deny access on Saturdays and Sundays";
 deny (all)
 (userdn = "ldap:///uid=user,ou=People,dc=example,dc=com") and
 (dayofweek = "Sun,Sat");)

12.10.9. 特定の時刻におけるアクセスの定義

バインドルールで timeofday キーワードを使用すると、時間帯に基づいてアクセスを許可または拒否することができます。

注記

Directory Server はサーバー上で時間を使用してアクセス制御手順 (ACI) を評価しますが、クライアントの時間ではありません。

timeofday キーワードでルールをバインドするには、以下の構文を使用します。

timeofday comparison_operator "time"

以下の比較演算子を使用できます。

  • = (等しい)
  • ! (等しくない)
  • < (より小さい)
  • > (より大きい)
  • (より小さいか等しい)
  • >= (より大きいか等しい)
重要

timeofday キーワードには、24 時間形式で時間を指定する必要があります。

例12.32 特定の時刻におけるアクセスの定義

uid=user,ou=People,dc=example,dc=com ユーザーエントリーへのアクセスを拒否するには、6pm から 0am までのサーバーにバインドします。

# ldapmodify -D "cn=Directory Manager" -W -H ldap://server.example.com -x

dn: ou=People,dc=example,dc=com
changetype: modify
add: aci
 aci: (version 3.0; acl "Deny access between 6pm and 0am";
 deny (all)
 (userdn = "ldap:///uid=user,ou=People,dc=example,dc=com") and
 (timeofday >= "1800" and timeofday < "2400");)

12.10.10. 認証方法に基づいたアクセスの定義

bind ルールの authmethod キーワードは、サーバーに接続する際にクライアントが使用する認証方法を設定し、アクセス制御手順 (ACI) を適用します。

authmethod キーワードでルールをバインドするには、以下の構文を使用します。

authmethod comparison_operator "authentication_method"

以下の認証方法を設定できます。

  • none: 認証は不要で、匿名のアクセスを表します。これはデフォルトになります。
  • simple: クライアントは、ディレクトリーにバインドするユーザー名とパスワードを提供する必要があります。
  • SSL: クライアントは、データベース、スマートカード、または他のデバイスのいずれかで TLS 証明書を使用してディレクトリーにバインドする必要があります。証明書ベースの認証の詳細は、認証方法に基づいてアクセスの定義 を参照してください。
  • SASL: クライアントは、Simple Authentication and Security Layer (SASL) 接続を介してディレクトリーにバインドする必要があります。bind ルールでこの認証方法を使用する場合は、EXTERNAL などの SASL メカニズムも指定します。

例12.33 EXTERNAL SASL 認証方法を使用した接続でのみアクセスのみの有効化

接続が証明書ベースの認証メソッドまたは SASL を使用していない場合にサーバーへのアクセスを拒否するには、以下を実行します。

# ldapmodify -D "cn=Directory Manager" -W -H ldap://server.example.com -x`

dn: ou=People,dc=example,dc=com
changetype: modify
add: aci
aci: (version 3.0; acl "Deny all access without certificate"; deny (all)
 (authmethod = "none" or authmethod = "simple");)

12.10.11. ロールに基づくアクセスの定義

bind ルールの roledn キーワードを使用すると、1 つまたは複数のロールが設定されたユーザーへのアクセスを許可または拒否できます。

注記

Red Hat は、ロールの代わりにグループを使用することを推奨します。

roledn キーワードでルールをバインドするには、以下の構文を使用します。

roledn comparison_operator "ldap:///distinguished_name || ldap:///distinguished_name || ..."

識別名 (DN) にコンマが含まれている場合は、バックスラッシュでエスケープしてください。

例12.34 ロールに基づくアクセスの定義

nsRole 属性で cn=Human Resources,ou=People,dc=example,dc=com ロールを設定したユーザーが ou=People,dc=example,dc=com のエントリーの manager 属性を検索および読み取るようにするには、以下を実行します。

# ldapmodify -D "cn=Directory Manager" -W -H ldap://server.example.com -x

dn: ou=People,dc=example,dc=com
changetype: modify
add: aci
aci: (targetattr="manager") (version 3.0;
 acl "Allow manager role to update manager attribute";
 allow (search, read) roledn = "ldap:///cn=Human Resources,ou=People,dc=example,dc=com";)

12.10.12. ブール演算子を使用したバインドルールの組み合わせ

複雑なバインドルールを作成する場合は、ANDOR、および NOT のブール値演算子を使用すると、複数のキーワードを組み合わせることができます。

バインドルールとブール演算子を組み合わせた構文は以下の通りです。

bind_rule_1 boolean_operator bind_rule_2...

例12.35 ブール演算子を使用したバインドルールの組み合わせ

cn=Administrators,ou=Groups,dc=example,com および cn=Operators,ou=Groups,dc=example,com] group can [command]`read の両方のグループのメンバーであるユーザーが、ou=People,dc=example,dc=com のエントリーを、searchaddupdate、および delete できるように設定するには、次のコマンドを実行します。

# ldapmodify -D "cn=Directory Manager" -W -H ldap://server.example.com -x

dn: ou=People,dc=example,dc=com
changetype: modify
add: aci
aci: (target="ldap:///ou=People,dc=example,dc=com") (version 3.0;
 acl "Allow members of administrators and operators group to manage users";
 allow (read, search, add, write, delete)
 groupdn = "ldap:///cn=Administrators,ou=Groups,dc=example,com" AND
 groupdn = "ldap:///cn=Operators,ou=Groups,dc=example,com";)

Directory Server によるブール値演算子の評価方法

Directory Server は以下のルールを使用してブール値演算子を評価します。

  • 左から右へのすべての式。

    以下の例では、bind_rule_1 が最初に評価されます。

    (bind_rule_1) OR (bind_rule_2)
  • 一番内側から外側に向かって、親表現が優先されます。

    以下の例では、bind_rule_2 を最初に評価し、次に bind_rule_3 を評価します。

    (bind_rule_1) OR ((bind_rule_2) AND (bind_rule_3))
  • AND または OR 演算子の前に NOT

    以下の例では、bind_rule_2 が最初に評価されます。

    (bind_rule_1) AND NOT (bind_rule_2)

    AND および OR 演算子には優先順位がありません。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.