検索

第18章 非アクティブ制限に達したアカウントを再度有効にする

download PDF

Directory Server が非アクティブ制限に達したためにアカウントを非アクティブ化した場合、管理者はアカウントを再度有効にすることができます。

18.1. アカウントポリシープラグインによって非アクティブ化されたアカウントを再度有効にする

dsconf account unlock コマンドを使用するか、非アクティブ化されたユーザーの lastLoginTime 属性を手動で更新することにより、アカウントを再度有効にすることができます。

前提条件

  • 非アクティブ化されたユーザーアカウント。

手順

  • 次のいずれかの方法を使用して、アカウントを再アクティブ化します。

    • dsconf account unlock コマンドの使用:

      # dsidm -D "cn=Directory manager" ldap://server.example.com -b "dc=example,dc=com" account unlock "uid=example,ou=People,dc=example,dc=com"
    • ユーザーの lastLoginTime 属性を最近のタイムスタンプに設定するには、次のようにします。

      # ldapmodify -H ldap://server.example.com -x -D "cn=Directory Manager" -W
      
      dn: uid=example,ou=People,dc=example,dc=com
      changetype: modify
      replace: lastLoginTime
      lastLoginTime: 20210901000000Z

検証

  • 再アクティブ化したユーザーとして認証します。たとえば、次の検索を実行します。

    # ldapsearch -H ldap://server.example.com -x -D "uid=example,ou=People,dc=example,dc=com" -W -b "dc=example,dc=com -s base"

    ユーザーが正常に認証できる場合、アカウントは再度アクティブ化されました。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.