検索

第16章 レプリケーション環境のすべてのサーバー間でのアカウントのロックアウト属性の同期

download PDF

Directory Server は、アカウントのロックアウト属性をローカルで保存します。複数のサーバーがある環境では、攻撃者がアカウントのロックアウト数に達するまで 1 台のサーバーへのログインを試み、その後さらに他のサーバーにログインを試みることを防ぐために、この属性のレプリケーションを設定してください。

16.1. レプリケーション環境で Directory Server がパスワードおよびアカウントのロックアウトポリシーを処理する方法

Directory Server は、パスワードおよびアカウントのロックアウトポリシーを次のように適用します。

  • パスワードポリシーは、データプロバイダーに適用されます。
  • アカウントロックアウトポリシーは、レプリケーショントポロジー内のすべてのサーバーに適用されます。

Directory Server は次パスワードポリシー属性をレプリケートします。

  • passwordMinAge
  • passwordMaxAge
  • passwordExp
  • passwordWarning

ただし、デフォルトでは、Directory Server は以下に示す一般的なアカウントロックアウト属性をレプリケートしません。

  • passwordRetryCount
  • retryCountResetTime
  • accountUnlockTime

攻撃者がアカウントのロックアウト数に達するまで 1 台のサーバーへのログインを試み、その後さらに他のサーバーにログインを試みることを防ぐには、これらのアカウントロックアウト属性をレプリケートします。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.