検索

8.3. 証明書ベースの認証を使用したマルチサプライヤーレプリケーションの設定

download PDF

証明書ベースの認証を使用するマルチサプライヤーレプリケーション環境では、レプリカは証明書を使用して相互に認証します。

前提条件

  • server1.example.comserver2.example.com の両方のホストで証明書ベースの認証を設定します。
  • Directory Server は、クライアント証明書を発行する認証局 (CA) を信頼します。
  • クライアント証明書は、サーバーの /etc/dirsrv/slapd-instance_name/certmap.conf で設定された要件を満たしています。

手順

  1. server1.example.com 上で:

    1. 一時的なレプリカ合意を削除します。

      # dsconf -D "cn=Directory Manager" ldaps://server1.example.com repl-agmt delete --suffix="dc=example,dc=com" temporary_agreement
    2. cn=repl_servers,dc=groups,dc=example,dc=com バインドグループをレプリケーション設定に追加します。

      # dsconf -D "cn=Directory Manager" ldaps://server1.example.com replication set --suffix="dc=example,dc=com" --repl-bind-group "cn=repl_servers,dc=groups,dc=example,dc=com"
    3. バインドグループの変更を自動的にチェックするように Directory Server を設定します。

      # dsconf -D "cn=Directory Manager" ldaps://server1.example.com replication set --suffix="dc=example,dc=com" --repl-bind-group-interval=0
  2. server2.example.com 上で:

    1. 一時的なレプリケーションマネージャーアカウントを削除します。

      # dsconf -D "cn=Directory Manager" ldaps://server2.example.com replication delete-manager --suffix="dc=example,dc=com" --name="Replication Manager"
    2. cn=repl_servers,dc=groups,dc=example,dc=com バインドグループをレプリケーション設定に追加します。

      # dsconf -D "cn=Directory Manager" ldaps://server2.example.com replication set --suffix="dc=example,dc=com" --repl-bind-group "cn=repl_servers,dc=groups,dc=example,dc=com"
    3. バインドグループの変更を自動的にチェックするように Directory Server を設定します。

      # dsconf -D "cn=Directory Manager" ldap://server2.example.com replication set --suffix="dc=example,dc=com" --repl-bind-group-interval=0
    4. 証明書ベースの認証を使用して複製合意を作成します。

      dsconf -D "cn=Directory Manager" ldaps://server2.example.com repl-agmt create --suffix="dc=example,dc=com" --host="server1.example.com" --port=636 --conn-protocol=LDAPS --bind-method="SSLCLIENTAUTH" --init server2-to-server1
  3. server1.example.com で、証明書ベースの認証を使用して複製合意を作成します。

    dsconf -D "cn=Directory Manager" ldaps://server1.example.com repl-agmt create --suffix="dc=example,dc=com" --host="server2.example.com" --port=636 --conn-protocol=LDAPS --bind-method="SSLCLIENTAUTH" --init server1-to-server2

検証

  1. 初期化が成功したことを各サーバーで確認します。

    # dsconf -D "cn=Directory Manager" ldaps://server1.example.com repl-agmt init-status --suffix "dc=example,dc=com" server1-to-server2
    Agreement successfully initialized.
    
    # dsconf -D "cn=Directory Manager" ldaps://server2.example.com repl-agmt init-status --suffix "dc=example,dc=com" server2-to-server1
    Agreement successfully initialized.
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.