検索

1.4. Web コンソールを使用した Directory Server への TLS 暗号化接続の有効化

download PDF

Web コンソールを使用して TLS 暗号化を設定できます。

前提条件

  • Web コンソールでインスタンスにログインしている。

手順

  1. Server Security Certificate Management Certificate Signing Request に移動し、Create Certificate Signing Request をクリックします。
  2. 証明書署名要求 (CSR)、共通名 (CN)、および組織 (O) の名前を設定します。

    add csr

    ホストに複数の名前でアクセスできる場合は、Subject Alternative Names フィールドに代替名を設定します。

  3. Create Certificate Signing Request をクリックします。
  4. CSR テキストを表示し、これをコピーします。

    1. 表示する CSR の Node options アイコンをクリックして、View CSR を選択します。
    2. CSR コンテンツをコピーします。
  5. 認証局 (CA) に CSR ファイルを送信し、発行した証明書を取得します。詳細は、CA のドキュメントを参照してください。
  6. CA から証明書を取得したら、Server Security Certificate Management TLS Certificates に移動し、Add Server Certificate をクリックします。
  7. サーバー証明書に一意のニックネームを設定し、発行された証明書をアップロードし、Add Certificate をクリックします。

    後のステップには証明書のニックネームが必要であるため、証明書のニックネームを覚えておいてください。

  8. Server Security Certificate Management Trusted Certificate Authorities に移動し、Add CA Certificate をクリックします。
  9. CA 証明書に一意のニックネームを設定し、CA 証明書ファイルをアップロードし、Add Certificate をクリックします。
  10. オプション:Directory Server インスタンスのインストール時に TLS 暗号化を有効にしなかった場合は、有効にします。

    1. Server Security Settings に移動し、セキュリティースイッチを有効にします。
    2. ポップアップウィンドウで、Enable Security をクリックします。
    3. Security Setting ページで Save Configuration をクリックします。
  11. Security Configuration ページで Server Certificate Name を設定します。

    1. Server Security Security Configuration の順に移動します。
    2. Server Certificate Name ドロップダウンリストでサーバー証明書のニックネームを選択し、Save Configuration をクリックします。
    3. オプション: ドロップダウンリストに証明書のニックネームが表示されない場合は、Security Settings ページを更新して、前の手順を再度実行します。
  12. オプション: 636 以外の LDAPS ポートを使用する場合は、Server Server Settings に移動し、LDAPS ポートを設定して、Save をクリックします。
  13. firewalld サービスで LDAPS ポートを開きます。

    # firewall-cmd --permanent --add-port=636/tcp
    # firewall-cmd --reload
  14. オプション: Server Security Security Configuration に移動し、Require Secure Connections チェックボックスを選択し、Save Configuration をクリックします。

    Directory Server は、プレーンテキストの LDAP ポートを無効にします。

  15. 右上隅の Actions をクリックし、Restart Instance を選択します。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.