検索

20.38. インターフェイスコマンド

download PDF
以下のコマンドはホストインターフェイスを操作するため、ゲスト仮想マシンからは実行しないでください。これらのコマンドは、ホストの物理マシンにある端末から実行する必要があります。
警告
本セクションのコマンドは、マシンで NetworkManager サービスが無効になっており、代わりに network サービスを使用している場合に限りサポートされます。
多くの場合、このようなホストインターフェイスは、ゲスト仮想マシンの <interface> 要素 (システムが作成したブリッジインターフェイスなど) 内で名前で使用できますが、ホストインターフェイスが特定のゲスト設定 XML と完全に関連付けられる必要はありません。ホストインターフェイスのコマンドの多くは、ゲスト仮想マシンに使用されるコマンドと似ており、インターフェイスの名前はその名前または MAC アドレスになります。ただし、iface 引数に MAC アドレスを使用する場合、そのアドレスが一意である場合にのみ機能します (多くの場合、インターフェイスとブリッジが同じ MAC アドレスを共有しており、その場合、その MAC アドレスを使用すると曖昧さによりエラーが発生し、代わりに名前を使用する必要があります)。

20.38.1. XML ファイルを使用したホストの物理マシンインターフェイスの定義および起動

virsh iface-define file コマンドは、XML ファイルからホストインターフェイスを定義します。このコマンドはインターフェイスのみを定義し、起動はしません。
# virsh iface-define iface.xml
定義済みのインターフェイスを起動する場合は、iface-start interface を実行します。interface は、インターフェイスの名前になります。

20.38.2. ホストインターフェイスの XML 設定ファイルの編集

コマンド virsh iface-edit interface は、ホストインターフェイスの XML 設定ファイルを編集します。これは、XML 設定ファイルを変更する際に推奨される 唯一 の方法です。(これらのファイルの詳細は、23章ドメイン XML の操作 を参照してください。)

20.38.3. ホストインターフェイスのリスト表示

virsh iface-listには、アクティブホストインターフェイスのリストが表示されます。--all が指定されている場合、このリストには、定義されているが非アクティブなインターフェイスも含まれます。--inactive を指定すると、非アクティブのインターフェイスのみがリスト表示されます。

20.38.4. MAC アドレスのインターフェイス名への変換

virsh iface-name interface コマンドは、ホストインターフェイスの MAC アドレスをインターフェイス名に変換します。ただし、MAC アドレスがホストインターフェイス間で固有のものである必要があります。このコマンドには、インターフェイスの MAC アドレスである interface が必要です。
virsh iface-mac interface コマンドは、ホストのインターフェイス名を MAC アドレスに変換します。この場合、interface がインターフェイス名になります。

20.38.5. 特定のホスト物理マシンインターフェイスの停止および定義解除

virsh iface-destroy interface コマンドは、指定したホストインターフェイスを破壊 (停止) します。これは、ホストで virsh if-down を実行するのと同じです。このコマンドは、そのインターフェイスのアクティブな使用を無効にし、すぐに有効にします。
インターフェイスの定義を解除する場合は、インターフェイス名を指定して virsh iface-undefine interface を実行します。

20.38.6. ホスト設定ファイルの表示

virsh iface-dumpxml interface --inactive コマンドは、ホストインターフェイスの情報を、stdout への XML ダンプとして表示します。--inactive 引数を指定すると、出力には、次回起動したときに使用されるインターフェイスの永続的な状態が反映されます。

20.38.7. ブリッジデバイスの作成

virsh iface-bridge コマンドは、bridge という名前のブリッジデバイスを作成し、既存のネットワークデバイスinterfaceを新しいブリッジに割り当てます。この新しいブリッジはすぐに機能し、STP が有効になり、遅延は 0 になります。
# virsh iface-bridge interface bridge
これらの設定は、--no-stp オプション、--no-start オプション、および遅延秒数で変更できることに注意してください。インターフェイスの IP アドレス設定は、新しいブリッジデバイスに移動します。ブリッジの切断の詳細は、「ブリッジデバイスの破損」 を参照してください。

20.38.8. ブリッジデバイスの破損

virsh iface-unbridge bridge --no-start コマンドは、指定したブリッジデバイス bridge を削除し、その基盤となるインターフェイスを通常の使用に戻し、すべての IP アドレスの設定をブリッジデバイスから基盤となるデバイスに移動します。--no-start 引数を使用しない限り、基本となるインターフェイスが再起動しますが、通常は再起動しないことを念頭に置いてください。ブリッジを作成するコマンドについては、「ブリッジデバイスの作成」 を参照してください。

20.38.9. インターフェイススナップショットの操作

virsh iface-begin コマンドは、現在のホストインターフェイス設定のスナップショットを作成します。これは、後でコミット (virsh iface-commit を使用) または復元 (virsh iface-rollback を使用) できます。これは、新しいホストインターフェイスの定義および起動で問題が発生し、システムが正しく設定されていない場合に役立ちます。スナップショットがすでに存在する場合は、以前のスナップショットがコミットまたは復元されるまで、このコマンドは失敗します。スナップショットの作成時と、その最終的なコミットまたはロールバックの間に、libvirt API 外でホストインターフェイスに外部変更が加えられると、定義されていない動作が発生します。
virsh iface-commit を実行して、前回のvirsh iface-begin以降に加えた変更をすべて動作として宣言し、ロールバックポイントを削除します。virsh iface-begin を使用してインターフェイススナップショットが開始していない場合は、このコマンドは失敗します。
virsh iface-rollback を使用して、ホストインターフェイスの設定を、virsh iface-begin コマンドの最終実行時を記録した状態に戻します。virsh iface-begin コマンドが以前に実行されていない場合、virsh iface-rollback は失敗します。virsh iface-commit の実行前にホストの物理マシンを再起動すると、自動ロールバックが実行され、ホストの設定が、virsh iface-beginの実行時の状態に復元されることに注意してください。これは、ネットワーク設定に不適切な変更があると、変更を元に戻す目的でホストに到達できない場合に役に立ちますが、ホストは電源サイクルが設定されているか、そうでなければ強制的に再起動されます。

例20.97 スナップショットの使用例

新しいホストインターフェイスを定義して起動します。
# virsh iface-begin
# virsh iface-define eth4-if.xml
# virsh if-start eth4
問題が発生し、ネットワークの実行が停止した場合は、変更をロールバックします。
# virsh iface-rollback
すべてが適切に機能する場合は、変更をコミットします。
# virsh iface-commit
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.