検索

6.4. 同期用の Active Directory の設定

download PDF
IdM では、ユーザーアカウントの同期が有効になっています。同期合意の設定だけが必要となります (「同期合意の作成」)。ただし、Active Directory は、Identity Management サーバーが接続できるように設定する必要があります。

6.4.1. 同期用の Active Directory ユーザーの作成

Windows サーバーでは、IdM サーバーが Active Directory ドメインに接続するために使用するユーザーを作成する必要があります。
Active Directory でのユーザー作成プロセスは、Windows サーバーの文書 ( http://technet.microsoft.com/en-us/library/cc732336.aspx) で説明されています。新規のユーザーアカウントには適切な権限を設定する必要があります。
  • 同期用のユーザーアカウントには、同期先の Active Directory サブツリーに対して ディレクトリーに加えられた変更を複製する 権限を付与します。同期用のユーザーが同期操作を行うには、レプリケーターの権限が必要です。
    レプリケーターの権限は、http://support.microsoft.com/kb/303972 で説明されています。
  • 同期ユーザーを Account Operators グループおよび Enterprise Read-only Domain Controllers グループのメンバーとして追加します。このユーザーは、Domain Admins グループに所属する必要はありません。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.