検索

第8章 RHEL Image Builder OpenSCAP 統合によるハードニング済みイメージの作成

download PDF

オンプレミスの RHEL Image Builder は OpenSCAP 統合をサポートしています。この統合により、ハードニング済みの RHEL イメージの作成が可能になります。ブループリントを設定すると、次のアクションを実行できます。

  • 事前定義されたセキュリティープロファイルのセットを使用したカスタマイズ
  • パッケージまたはアドオンファイルのセットの追加
  • 環境により適した、選択したプラットフォームにデプロイ可能なカスタム RHEL イメージのビルド

Red Hat は、現在のデプロイメントガイドラインを満たすことができるように、システムを構築するときに選択できるセキュリティーハードニングプロファイルの定期的に更新されたバージョンを提供します。

8.1. キックスタートイメージと事前硬化イメージの違い

キックスタートファイルを使用した従来のイメージ作成では、インストールする必要があるパッケージを選択し、システムが脆弱性の影響を受けないようにする必要があります。RHEL Image Builder OpenSCAP 統合により、セキュリティーが強化されたイメージをビルドできます。イメージのビルドプロセス中に、OSBuild oscap.remediation stage が、ファイルシステムツリー上で chroot で OpenSCAP ツールを実行します。OpenSCAP ツールは、選択したプロファイルの標準評価を実行し、修復をイメージに適用します。これにより、イメージを初めて起動する前でも、セキュリティープロファイルの要件に従って設定されたイメージをビルドできます。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.