検索

11.9. RHEL Image Builder GUI ツールを使用した VMDK イメージの vSphere へのプッシュ

download PDF

RHEL Image Builder GUI ツールを使用して VMware イメージをビルドし、そのイメージを直接 vSphere インスタンスにプッシュすることで、イメージファイルをダウンロードして手動でプッシュする必要がなくなります。作成した vmdk には、インストール済みの cloud-init パッケージが含まれています。このパッケージを使用して、たとえばユーザーデータを使用してユーザーをプロビジョニングできます。RHEL Image Builder を使用して .vmdk イメージをビルドし、vSphere インスタンスサービスプロバイダーに直接プッシュするには、次の手順に従います。

前提条件

手順

  1. 作成したブループリントの Images タブをクリックします。
  2. Create Image をクリックして、カスタマイズしたイメージを作成します。

    イメージタイプウィンドウが開きます。

  3. Image type ウィンドウで、以下を実行します。

    1. ドロップダウンメニューからタイプ (VMware vSphere (.vmdk)) を選択します。
    2. Upload to VMware チェックボックスをチェックして、イメージを vSphere にアップロードします。
    3. 必要に応じて、インスタンス化するイメージのサイズを設定します。最小のデフォルトサイズは 2 GB です。
    4. Next をクリックします。
  4. Upload to VMware ウィンドウの Authentication の下に以下の情報を入力します。

    1. ユーザー名: vSphere アカウントのユーザー名。
    2. パスワード: vSphere アカウントのパスワード。
  5. Upload to VMware ウィンドウの Destination の下に、イメージのアップロード先に関する以下の情報を入力します。

    1. Image name: イメージの名前。
    2. VMware vSphere の URL。
    3. クラスター: クラスターの名前。
    4. データセンター: データセンターの名前。
    5. Data store: データストアの名前。
    6. Next をクリックします。
  6. 確認 ウィンドウで、イメージ作成の詳細を確認し、Finish をクリックします。

    Back をクリックして、誤った情報を変更できます。

    RHEL Image Builder は、RHEL vSphere イメージの Compose をキューに追加し、指定した vSphere インスタンスのクラスターにイメージを作成してアップロードします。

    注記

    イメージビルドおよびアップロードプロセスの完了には数分かかります。

    プロセスが完了すると、Image build complete のステータスが表示されます。

検証

イメージステータスのアップロードが正常に完了したら、アップロードしたイメージから仮想マシン (VM) を作成し、ログインできます。これを行うには、以下を行います。

  1. VMware vSphere クライアントにアクセスします。
  2. 指定した vSphere インスタンスのクラスターでイメージを検索します。
  3. アップロードしたイメージを選択します。
  4. 選択したイメージを右クリックします。
  5. New Virtual Machine をクリックします。

    New Virtual Machine ウィンドウが開きます。

    New Virtual Machine ウィンドウで、以下の詳細を指定します。

    1. New Virtual Machine を選択します。
    2. 仮想マシンの名前とフォルダーを選択します。
    3. コンピューターリソースの選択: この操作の宛先コンピューターリソースを選択します
    4. ストレージの選択: たとえば NFS-Node1 を選択します。
    5. 互換性の選択: イメージは BIOS 専用でなければなりません。
    6. ゲストオペレーティングシステムを選択します。たとえば、Linux および Red Hat Fedora (64-bit) を選択します。
    7. ハードウェアのカスタマイズ: 仮想マシンを作成する場合は、右上の Device Configuration ボタンでデフォルトの New Hard Disk を削除し、ドロップダウンを使用して Existing Hard Disk ディスクイメージを選択します。
    8. 準備完了: 詳細を確認し、Finish をクリックしてイメージを作成します。
  6. VMs タブに移動します。

    1. リストから、作成した仮想マシンを選択します。
    2. パネルから Start ボタンをクリックします。仮想マシンイメージを読み込み中であることを示す新しいウィンドウが表示されます。
    3. ブループリント用に作成した認証情報を使用してログインします。
    4. ブループリントに追加したパッケージがインストールされていることを確認できます。以下に例を示します。

      $ rpm -qa | grep firefox
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.