検索

8.2. RHEL for Edge イメージをインストールするための Web サーバーの設定

download PDF

RHEL for Edge イメージのコンテンツを展開したら、HTTP を使用して RHEL インストーラーにイメージのコミット詳細を提供するための Web サーバーを設定します。

以下の例では、コンテナーを使用して Web サーバーを設定する手順を説明します。

前提条件

手順

  1. 以下の手順に従って、nginx 設定ファイルを作成します。

    events {
    
    }
    
    http {
        server{
            listen 8080;
            root /usr/share/nginx/html;
                    }
             }
    
    pid /run/nginx.pid;
    daemon off;
  2. 以下の手順で Dockerfile を作成します。

    FROM registry.access.redhat.com/ubi8/ubi
    RUN yum -y install nginx && yum clean all
    COPY kickstart.ks /usr/share/nginx/html/
    COPY repo /usr/share/nginx/html/
    COPY nginx /etc/nginx.conf
    EXPOSE 8080
    CMD ["/usr/sbin/nginx", "-c", "/etc/nginx.conf"]
    ARG commit
    ADD ${commit} /usr/share/nginx/html/

    詳細は以下のようになります。

    • kickstart.ks は、RHEL for Edge イメージのキックスタートファイルの名前です。キックスタートファイルには、ディレクティブの情報が含まれています。後でイメージを管理しやすくするためにも、greenboot チェックのチェックおよび設定を含むことが推奨されます。そのためには、以下の設定を含むようにキックスタートファイルを更新します。

      lang en_US.UTF-8
      keyboard us
      timezone Etc/UTC --isUtc
      text
      zerombr
      clearpart --all --initlabel
      autopart
      reboot
      user --name=core --group=wheel
      sshkey --username=core "ssh-rsa AAAA3Nza…​."
      
      ostreesetup --nogpg --osname=rhel --remote=edge
      --url=https://mirror.example.com/repo/
      --ref=rhel/8/x86_64/edge
      
      %post
      cat << EOF > /etc/greenboot/check/required.d/check-dns.sh
      #!/bin/bash
      
      DNS_SERVER=$(grep nameserver /etc/resolv.conf | cut -f2 -d" ")
      COUNT=0
      
      # check DNS server is available
      ping -c1 $DNS_SERVER
      while [ $? != '0' ] && [ $COUNT -lt 10 ]; do
      
      							
      							
      							
      							
      							
      							COUNT++
      echo "Checking for DNS: Attempt $COUNT ."
      sleep 10
      ping -c 1 $DNS_SERVER
      done
      EOF
      %end

      任意の HTTP サービスで OSTree リポジトリーをホストできます。コンテナーを使用する例は、これを行う方法のオプションにすぎません。Dockerfile は次のタスクを実行します。

      1. 最新の Universal Base Image (UBI) の使用
      2. Web サーバー (nginx) をインストールします。
      3. キックスタートファイルのサーバーへの追加
      4. RHEL for Edge イメージのコミットのサーバーへの追加
  3. Docker コンテナーをビルドします。

    # podman build -t name-of-container-image --build-arg commit=uuid-commit.tar .
  4. コンテナーを実行します。

    # podman run --rm -d -p port:8080 localhost/name-of-container-image

    これにより、サーバーがセットアップされ、commit.tar リポジトリーとキックスタートファイルを使用して、RHEL インストーラーを起動する準備が整いました。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.