検索

10.6. nm-connection-editor を使用した WiFi 接続の設定

download PDF

nm-connection-editor アプリケーションを使用して、ワイヤレスネットワークの接続プロファイルを作成できます。このアプリケーションでは、RHEL がサポートするすべての wifi ネットワーク認証タイプを設定できます。

デフォルトでは、NetworkManager は接続プロファイルの自動接続機能を有効にし、保存されたネットワークが利用可能な場合は自動的に接続します。

前提条件

  • ホストに wifi デバイスがインストールされている。
  • ハードウェアスイッチがある場合は、wifi デバイスが有効になっている。

手順

  1. ターミナルを開き、次のコマンドを入力します。

    # nm-connection-editor
  2. + ボタンをクリックして、新しい接続を追加します。
  3. Wi-Fi 接続タイプを選択し、Create をクリックします。
  4. オプション: 接続プロファイルの名前を設定します。
  5. オプション: General タブでネットワークプロファイルを設定して、自動的に接続しないようにします。

    この機能を無効にした場合は、GNOME settings や GNOME システムメニューなどを使用して、常に手動でネットワークに接続する必要があります。

  6. Wi-Fi タブで、SSID フィールドにサービスセット識別子 (SSID) を入力します。
  7. Wi-Fi Security タブで、ネットワークの認証タイプ (WPA3 Personal など) を選択し、パスワードを入力します。

    選択したセキュリティーに応じて、アプリケーションは追加のフィールドを表示します。それに応じてそれらを埋めます。詳しくは wifi ネットワークの管理者におたずねください。

  8. IPv4 タブで IPv4 設定を設定し、IPv6 タブで IPv6 設定を設定します。
  9. Save をクリックします。
  10. Network Connections ウィンドウを閉じます。

検証

  1. トップバーの右側にあるシステムメニューを開き、wifi ネットワークが接続されていることを確認します。

    gnome wifi connected

    ネットワークがリストに表示されていれば、接続されています。

  2. ホスト名または IP アドレスに ping を実行します。

    # ping -c 3 example.com
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.