検索

7.4. 既知の問題と制限

download PDF

変換中に以下の問題と制限が発生することが知られています。

  • HTTP プロキシーサーバーを使用してインターネットに接続するシステムは、コマンドラインインターフェイスを使用して RHSM 経由で Red Hat CDN または Satellite を使用して変換することはできません。この問題を回避するには、yum の HTTP プロキシーを有効にし、RHSM の HTTP プロキシーを設定します。

    1. How to enable proxy settings for yum command on RHEL? の説明に従って、HTTP プロキシーを使用するように yum を設定します。
    2. subscription-manager パッケージをインストールします。

      1. Red Hat GPG キーをダウンロードします。

        # curl -o /etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-redhat-release https://www.redhat.com/security/data/fd431d51.txt
      2. subscription-manager パッケージを含む client-tools リポジトリーのリポジトリーファイルをインストールします。

        • RHEL 7 への変換:

          # curl -o /etc/yum.repos.d/client-tools.repo https://ftp.redhat.com/redhat/client-tools/client-tools-for-rhel-7-server.repo
        • RHEL 8 への変換の場合:

          # curl -o /etc/yum.repos.d/client-tools.repo https://cdn-public.redhat.com/content/public/repofiles/client-tools-for-rhel-8.repo
      3. RHEL 8 の以前のバージョン (RHEL 8.5 など) に変換する場合は、client-tools リポジトリーの $releasever 値を更新します。

        # sed -i 's%\$releasever%<release_version>%' /etc/yum.repos.d/client-tools.repo

        release_version を正しいリリースバージョン (例: 8.5 または 8.8) に置き換えます。

      4. 次の subscription-manager パッケージをインストールします。

        # yum -y install subscription-manager subscription-manager-rhsm-certificates
    3. How to configure HTTP Proxy for Red Hat Subscription Management の説明に従い、RHSM の HTTP プロキシーを設定します。
    4. システムを RHSM に登録します。

      # subscription-manager register --org <organization_id> --activationkey <activation_key>

      organization_idactivity_key を、Red Hat カスタマーポータル の組織 ID とアクティベーションキーに置き換えます。

    5. /etc/convert2rhel.ini ファイルから組織 ID とアクティベーションキーを削除します。
    6. RHEL への変換を実行します。

      # convert2rhel

      (RHELC-559)

  • セキュアブートが有効になっている UEFI システムは、変換がサポートされていません。この問題を回避するには、以下の手順を実行します。

    1. 変換前にセキュアブートを無効にします。
    2. Oracle Linux 7 または Alma Linux 8 から変換する場合は、shim-x64 パッケージを再インストールします。

      # yum reinstall -y shim-x64
    3. 変換が完了したら再度有効にします。

      (RHELC-138)

  • Red Hat Insights を使用して変換している場合、2 つの RHC デーモン (rhcd) プロセスを同時に実行すると、変換前分析が期待どおりに実行されなくなります。この問題を回避するには、一度に 1 つの rhcd プロセスのみを実行します。(HMS-2629)
  • 変換前分析および変換で見つかった一部の阻害要因は、環境変数を設定することでオーバーライドできます。既知の問題により、Hybrid Cloud Console はこの環境変数が設定されたことを認識しません。そのため、Insights を使用して変換する際に、オーバーライド可能な阻害要因を修復する必要があります。(RHINENG-5943)
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.