検索

4.6. /etc/exports 設定ファイル

download PDF

/etc/exports ファイルは、サーバーがエクスポートするディレクトリーを制御します。各行に、エクスポートポイント、ディレクトリーのマウントが許可されているクライアントの空白区切りのリスト、および各クライアントのオプションが含まれています。

<directory> <host_or_network_1>(<options_1>) <host_or_network_n>(<options_n>)...

以下は /etc/exports のエントリーの各部分です。

<export>
エクスポートするディレクトリー。
<host_or_network>
エクスポートを共有するホストまたはネットワーク。たとえば、ホスト名、IP アドレス、または IP ネットワークを指定できます。
<options>
ホストまたはネットワークのオプション。

クライアントとオプションの間にスペースを追加すると、動作が変わります。たとえば、次の行はそれぞれ意味が異なります。

/projects	client.example.com(rw)
/projects	client.example.com (rw)

最初の行では、サーバーは client.example.com にのみ、/projects ディレクトリーを読み取り/書き込みモードでマウントすることを許可します。他のホストは共有をマウントできません。一方、2 番目の行では、client.example.com(rw) の間にスペースがあるため、サーバーはディレクトリーを読み取り専用モード (デフォルト設定) で client.example.com にエクスポートします。他のすべてのホストは、読み取り/書き込みモードで共有をマウントできます。

NFS サーバーは、エクスポートされた各ディレクトリーに対して次のデフォルト設定を使用します。

表4.2 /etc/exports のエントリーのデフォルトオプション
デフォルト設定説明

ro

ディレクトリーを読み取り専用モードでエクスポートします。

sync

NFS サーバーは、以前の要求で発生した変更がディスクに書き込まれるまで、要求に応答しません。

wdelay

別の書き込み要求が保留中であると疑われる場合、サーバーはディスクへの書き込みを遅延します。

root_squash

クライアントの root ユーザーがエクスポートされたディレクトリーに対して root 権限を持つことを防ぎます。root_squash を有効にすると、NFS サーバーは root からのアクセスをユーザー nobody にマッピングします。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.