検索

第3章 Web コンソールアドオンのインストールとカスタムページの作成

download PDF

Red Hat Enterprise Linux システムの使用方法に応じて、使用可能 なアプリケーションを Web コンソールに追加したり、ユースケースに基づいてカスタムページを作成したりできます。

3.1. RHEL Web コンソールのアドオン

cockpit パッケージはデフォルトで Red Hat Enterprise Linux の一部ですが、次のコマンドを使用してオンデマンドでアドオンアプリケーションをインストールできます。

# yum install <add-on>

上記コマンドの <add-on> は、RHEL Web コンソールで使用可能なアドオンアプリケーションのリストのパッケージ名に置き換えます。

機能名パッケージ名用途

Composer

cockpit-composer

カスタム OS イメージの構築

マシン

cockpit-machines

libvirt 仮想マシンの管理

PackageKit

cockpit-packagekit

ソフトウェア更新およびアプリケーションインストール (通常はデフォルトでインストールされている)

PCP

cockpit-pcp

永続的かつ、より詳細なパフォーマンスデータ (UI からオンデマンドでインストール)

Podman

cockpit-podman

コンテナーの管理コンテナーイメージの管理 (RHEL 8.1 から利用可能)

セッションの録画

cockpit-session-recording

ユーザーセッションの記録および管理

ストレージ

cockpit-storaged

udisk によるストレージの管理

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.