検索

34.5. Web コンソールでのコンテナーチェックポイントの作成

download PDF

Web コンソールを使用すると、実行中のコンテナーまたは個々のアプリケーションにチェックポイントを設定し、その状態をディスクに保存できます。

注記

チェックポイントの作成は、システムコンテナーでのみ使用できます。

前提条件

手順

  1. メインメニューで Podman containers をクリックします。
  2. Containers テーブルで、変更するコンテナーを選択し、オーバーフローアイコンメニューをクリックして Containers を選択します。
  3. オプション: Checkpoint container フォームで、必要なオプションをチェックします。

    • すべての一時チェックポイントファイルを保持する: チェックポイント作成中に CRIU によって作成されたすべての一時ログおよび統計ファイルを保持します。さらなるデバッグのためのチェックポイント設定が失敗した場合でも、これらのファイルは削除されません。
    • チェックポイントをディスクに書き込んだ後も実行したままにする: チェックポイントを作成した後もコンテナーを停止するのではなく、実行したままにします。
    • 確立された TCP 接続の維持のサポート
  4. Checkpoint をクリックします。

検証

  • メインメニューで Podman containers クリックします。チェックポイントを設定したコンテナーを選択し、オーバーフローメニューアイコンをクリックして、Restore オプションがあることを確認します。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.