検索

11.3. Web コンソールを使用したローカルシステムのパフォーマンスの監視

download PDF

Red Hat Enterprise Linux の Web コンソールは、トラブルシューティングに Utilization Saturation and Errors (USE) メソッドを使用します。新しいパフォーマンスメトリックページには、データの履歴ビューが時系列に整理されており、最新のデータが上部に表示されます。

Metrics and history ページでは、イベント、エラー、リソースの使用率と飽和状態のグラフィカル表示を表示できます。

前提条件

  • RHEL 8 Web コンソールをインストールし、アクセスできる。詳細は、Web コンソールのインストール を参照してください。
  • パフォーマンスメトリクスの収集を可能にする cockpit-pcp パッケージがインストールされている。

    1. Web コンソールインターフェイスからパッケージをインストールするには、以下を行います。

      1. Web コンソールに管理者権限でログインする。詳細は、Web コンソールへのログイン を参照してください。
      2. Overview ページで、View metrics and history をクリックします。
      3. cockpit-pcp のインストール ボタンをクリックします。
      4. ソフトウェアのインストール ダイアログウィンドウで、Install をクリックします。
    2. コマンドラインインターフェイスからパッケージをインストールするには、次を使用します。

      # yum install cockpit-pcp
  • Performance Co-Pilot (PCP) サービスが有効になっている。

    # systemctl enable --now pmlogger.service pmproxy.service

手順

  1. 8 の Web コンソールにログインします。詳細は、Web コンソールへのログイン を参照してください。
  2. Overview をクリックします。
  3. Usage セクションで、View metrics and history をクリックします。

    Image displaying the Overview pane of the cockpit interface.

    Metrics and history セクションが開きます。

    • 現在のシステム設定と使用状況: Image displaying the current system configuration and usage
    • ユーザー指定の時間間隔におけるグラフィック形式のパフォーマンスメトリクス: Image displaying the performance metrics of the CPU
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.