検索

第4章 キックスタートファイルの作成

download PDF

次の方法を使用してキックスタートファイルを作成できます。

  • オンラインのキックスタート設定ツールを使用する。
  • 手動インストールのログとして作成したキックスタートファイルをコピーする。
  • キックスタートファイル全体を手動で書き込む。
  • Red Hat Enterprise Linux 8 インストール用に Red Hat Enterprise Linux 7 キックスタートファイルを変換します。

    変換ツールの詳細は、Kickstart generator lab を参照してください。

  • 仮想環境およびクラウド環境では、Image Builder を使用してカスタムシステムイメージを作成します。

一部の詳細なインストールオプションは、キックスタートファイルを手動で編集しないと設定できないことに注意してください。

4.1. キックスタート設定ツールを使用したキックスタートファイルの作成

Red Hat カスタマーポータルのアカウントをお持ちの場合は、カスタマーポータルで提供している Labs の Kickstart Generator ツールを使用して、キックスタートファイルをオンラインで生成できます。このツールは基本的な設定を段階的に説明し、作成したキックスタートファイルのダウンロードを可能にします。

前提条件

  • Red Hat カスタマーポータルアカウントとアクティブな Red Hat サブスクリプションを持っている。

手順

  1. Lab で提供されている Kickstart Generator の情報は https://access.redhat.com/labsinfo/kickstartconfig を参照してください。
  2. 見出しの左にある Go to Application ボタンをクリックし、次のページが読み込まれるのを待ちます。
  3. ドロップダウンメニューで Red Hat Enterprise Linux 8 を選択し、ページが更新するのを待ちます。
  4. フォーム内のフィールドを使用して、インストールするシステムを記述します。

    フォームの左側にあるリンクを使用すれば、フォームのセクション間をすばやく移動できます。

  5. 生成されたキックスタートファイルをダウンロードするには、ページの先頭に戻り、赤色の Download ボタンをクリックします。

    Web ブラウザーによりファイルが保存されます。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.