検索

26.4. Ansible Playbook を使用して、DNS を使用せずに IdM クライアントで HTTP サービスを存在させる手順

download PDF

以下の手順に従って、Ansible Playbook を使用して DNS エントリーがない IdM クライアントで HTTP サーバーが存在することを確認します。このシナリオでは、IdM ホストに DNS A エントリーがないことを前提としています (IPv4 の代わりに IPv6 を使用する場合には DNS AAAA エントリーがない)。

前提条件

  • HTTP サービスをホストするシステムが IdM に登録されている。
  • ホストの DNS A または DNS AAAA レコードを存在させない。ホストの DNS レコードが存在する場合には、ホストの DNS レコードが存在する場合は、Ansible Playbook を使用して IdM に HTTP サービスを存在させる手順 に従うようにしてください。
  • IdM 管理者パスワードがある。

手順

  1. inventory.file などのインベントリーファイルを作成します。

    $ touch inventory.file
  2. inventory.file を開き、[ipaserver] セクションに、設定する IdM サーバーを定義します。たとえば、Ansible に対して server.idm.example.com を設定するように指示するには、次のコマンドを実行します。

    [ipaserver]
    server.idm.example.com
  3. Ansible Playbook ファイル (/usr/share/doc/ansible-freeipa/playbooks/service/service-is-present-with-host-force.yml) のコピーを作成します。以下に例を示します。

    $ cp /usr/share/doc/ansible-freeipa/playbooks/service/service-is-present-with-host-force.yml /usr/share/doc/ansible-freeipa/playbooks/service/service-is-present-with-host-force-copy.yml
  4. コピーしたファイル /usr/share/doc/ansible-freeipa/playbooks/service/service-is-present-with-host-force-copy.yml を開きます。ipaservice タスクで ipaadmin_passwordname 変数の場所を特定します。

    ---
    - name: Playbook to manage IPA service.
      hosts: ipaserver
      gather_facts: false
    
      vars_files:
      - /home/user_name/MyPlaybooks/secret.yml
      tasks:
      # Ensure service is present
      - ipaservice:
          ipaadmin_password: "{{ ipaadmin_password }}"
          name: HTTP/ihavenodns.info
          force: true
  5. ファイルを調整します。

    • ipaadmin_password 変数は IdM 管理者パスワードに設定します。
    • name 変数は、HTTP サービスが実行されているホストの名前に設定します。
  6. ファイルを保存し、終了します。
  7. Ansible Playbook を実行します。Playbook ファイル、secret.yml ファイルを保護するパスワードを格納するファイル、およびインベントリーファイルを指定します。

    $ ansible-playbook --vault-password-file=password_file -v -i path_to_inventory_directory/inventory.file /usr/share/doc/ansible-freeipa/playbooks/service/service-is-present-with-host-force-copy.yml

検証手順

  1. 管理者として IdM Web UI にログインします。
  2. Identity Services に移動します。

HTTP/client.idm.example.com@IDM.EXAMPLE.COMServices リストに表示されています。

関連情報

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.