検索

14.2. Ansible を使用して属性を含めて RBAC パーミッションを追加する手順

download PDF

Identity Management (IdM) のシステム管理者は、IdM のロールベースアクセス制御 (RBAC) をカスタマイズできます。

以下の手順では、Ansible Playbook を使用して、パーミッションを特権に追加できるように IdM にパーミッションを追加する方法を説明します。この例では、目的とする以下の状態を達成する方法を説明します。

  • MyPermission パーミッションが存在する。
  • MyPermission パーミッションだけがホストの追加に使用できる。
  • パーミッションを含む特権を付与されたユーザーは、ホストのエントリーに対して以下の操作すべてを実行できる。

    • Write
    • Read
    • Search
    • Compare
    • Add
    • Delete
  • MyPermission パーミッションを含む特権のあるユーザーが作成したホストエントリーに description の値を追加できる。
注記

IdM LDAP スキーマでは、パーミッションの作成または変更時に指定できる属性のタイプは制約されません。ただし、object_typehost の場合に attrs: car_licence を指定すると、後でパーミッションを実行して、車のライセンス値をホストに追加使用とすると ipa: ERROR: attribute "car-license" not allowed というエラーメッセージが表示されます。

前提条件

  • IdM 管理者パスワードを把握している。
  • 次の要件を満たすように Ansible コントロールノードを設定している。

    • Ansible バージョン 2.14 以降を使用している。
    • Ansible コントローラーに ansible-freeipa パッケージがインストールされている。
    • この例では、~/MyPlaybooks/ ディレクトリーに、IdM サーバーの完全修飾ドメイン名 (FQDN) を使用して Ansible インベントリーファイル を作成したことを前提としている。
    • この例では、secret.yml Ansible vault に ipaadmin_password が保存されていることを前提としています。
  • ターゲットノード (ansible-freeipa モジュールが実行されるノード) が、IdM クライアント、サーバー、またはレプリカとして IdM ドメインに含まれている。

手順

  1. ~/ MyPlaybooks/ ディレクトリーに移動します。

    $ cd ~/MyPlaybooks/
  2. /usr/share/doc/ansible-freeipa/playbooks/permission/ ディレクトリーにある permission-present.yml ファイルのコピーを作成します。

    $ cp /usr/share/doc/ansible-freeipa/playbooks/permission/permission-present.yml permission-present-with-attribute.yml
  3. Ansible Playbook ファイル (permission-present-with-attribute.yml) を開きます。
  4. ipapermission タスクセクションに以下の変数を設定して、ファイルを調整します。

    • 使用しているユースケースに合わせて、タスクの 名前 を調節します。
    • ipaadmin_password 変数は IdM 管理者のパスワードに設定します。
    • name 変数はパーミッションの名前に設定します。
    • object_type 変数は host に設定します。
    • right 変数は all に設定します。
    • attrs 変数は description に設定します。

    以下は、今回の例で使用するように変更した Ansible Playbook ファイルです。

    ---
    - name: Permission present example
      hosts: ipaserver
    
      vars_files:
      - /home/user_name/MyPlaybooks/secret.yml
      tasks:
      - name: Ensure that the "MyPermission" permission is present with an attribute
        ipapermission:
          ipaadmin_password: "{{ ipaadmin_password }}"
          name: MyPermission
          object_type: host
          right: all
          attrs: description
  5. ファイルを保存します。
  6. Ansible Playbook を実行します。Playbook ファイル、secret.yml ファイルを保護するパスワードを格納するファイル、およびインベントリーファイルを指定します。

    $ ansible-playbook --vault-password-file=password_file -v -i inventory permission-present-with-attribute.yml

関連情報

  • RHEL 7 の Linux Domain Identity, Authentication and Policy GuideUser and group schema を参照してください。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.