検索

2.8. IdM Web UI でのプライマリー DNS ゾーン設定の編集

download PDF

IdM Web UI を使用してプライマリー Identity Management (IdM) DNS の設定属性を編集するには、この手順に従います。

前提条件

  • IdM 管理者としてログインしている。

手順

  1. IdM Web UI で、Network Services DNS DNS Zones の順にクリックします。

    図2.4 DNS プライマリーゾーンの管理

    ユーザーが Network Services タブに移動し、DNS サブメニューから DNS ゾーンを選択していることを示すスクリーンショット
  2. DNS ゾーン セクションで、全ゾーンのリストにあるゾーン名をクリックし、DNS ゾーンページを開きます。

    図2.5 プライマリーゾーンの編集

    DNS ゾーンページの左側にある DNS ゾーンのエントリーが強調表示されているスクリーンショット
  3. Settings を クリックします。

    図2.6 プライマリーゾーンの編集ページの設定タブ

    プライマリーゾーンの編集ページの設定タブが強調表示されているスクリーンショット
  4. 必要に応じてゾーン設定を変更します。

    利用可能な設定の詳細は、IdM DNS ゾーン属性 を参照してください。

  5. Save をクリックして、新しい設定を確定します。

    注記

    ゾーンのデフォルトの Time To Live (TTL) を変更する場愛には、全 IdM DNS サーバーでnamed-pkcs11 サービスを再起動して、変更を適用します。他の全設定は、すぐに自動的に有効になります。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.