検索

Identity Management を使用した障害復旧への準備

download PDF
Red Hat Enterprise Linux 9

IdM 環境におけるサーバーおよびデータ損失シナリオの影響を軽減する

Red Hat Customer Content Services

概要

ハードウェア障害などによるサーバーとデータの損失シナリオは、IT 環境において最も高いリスクです。Red Hat Identity Management (IdM) トポロジーで、他のサーバーとのレプリケーションを設定し、仮想マシン (VM) スナップショットと IdM バックアップを使用することで、このような状況の影響を軽減できます。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。まずは、マスター (master)、スレーブ (slave)、ブラックリスト (blacklist)、ホワイトリスト (whitelist) の 4 つの用語の置き換えから始めます。この取り組みは膨大な作業を要するため、今後の複数のリリースで段階的に用語の置き換えを実施して参ります。詳細は、Red Hat CTO である Chris Wright のメッセージ を参照してください。

Identity Management では、次のような用語の置き換えが計画されています。

  • ブラックリスト から ブロックリスト
  • ホワイトリスト から 許可リスト
  • スレーブ から セカンダリー
  • マスター という言葉は、文脈に応じて、より正確な言葉に置き換えられています。

    • IdM マスター から IdM サーバー
    • CA 更新マスター から CA 更新サーバー
    • CRL マスター から CRL パブリッシャーサーバー
    • マルチマスター から マルチサプライヤー

Red Hat ドキュメントへのフィードバック (英語のみ)

Red Hat ドキュメントに関するご意見やご感想をお寄せください。また、改善点があればお知らせください。

Jira からのフィードバック送信 (アカウントが必要)

  1. Jira の Web サイトにログインします。
  2. 上部のナビゲーションバーで Create をクリックします。
  3. Summary フィールドにわかりやすいタイトルを入力します。
  4. Description フィールドに、ドキュメントの改善に関するご意見を記入してください。ドキュメントの該当部分へのリンクも追加してください。
  5. ダイアログの下部にある Create をクリックします。

第1章 IdM における障害復旧ツール

適切な障害復旧計画は、次のツールを組み合わせて、可能な限り早く障害から復旧し、データ損失を最小限に抑えます。

レプリケーション
レプリケーションは、IdM サーバー間でデータベースのコンテンツをコピーします。IdM サーバーに障害が発生した場合は、障害が発生していないサーバーの 1 台から新しいレプリカを作成し、失われたサーバーを回復することもできます。
仮想マシン (VM) のスナップショット
スナップショットは、特定の時点で利用可能なすべてのディスクにある仮想マシンのオペレーティングシステムおよびアプリケーションのビューです。仮想マシンのスナップショットを取得したら、それを使用して仮想マシンとその IdM データを以前の状態に戻すことができます。
IdM のバックアップ
ipa-backup ユーティリティーを使用すると、IdM サーバーの設定ファイルとそのデータのバックアップを作成できます。後でバックアップを使用して、IdM サーバーを以前の状態に復元できます。

第2章 IdM の障害シナリオ

障害シナリオには、主に サーバー損失データ損失 の 2 種類があります。

表2.1 サーバー損失とデータ損失の比較

障害タイプ

考えられる原因

準備方法

サーバー損失 - IdM デプロイメントからサーバーが 1 台以上なくなる。

  • ハードウェアの誤作動

データ損失 - サーバーで IdM データが突然修正され、変更が他のサーバーに伝播している。

  • ユーザーの過失によるデータの削除
  • ソフトウェアバグによるデータの変更

第3章 レプリケーションによるサーバーの損失への準備

次のガイドラインに従って、サーバー損失に対応できるレプリケーショントポロジーを確立します。

このセクションでは次のトピックについて説明します。

3.1. トポロジーで IdM レプリカを接続するためのガイドライン

1 台のレプリカを少なくとも 2 つのレプリカに接続
追加のレプリカ合意を設定すると、初期レプリカと最初にインストールしたサーバーとの間だけでなく、他のレプリカ間でも情報が複製されます。
レプリカを、その他のレプリカ (最大 4 つ) に接続 (必須要件ではありません)

サーバーごとに多数のレプリカ合意を設定しても、大きな利点はありません。受信側のレプリカは、一度に 1 つの他のレプリカによってのみ更新できます。その間、その他のレプリカ合意はアイドル状態になります。通常、レプリカごとに 4 つ以上のレプリカ合意があると、リソースが無駄になります。

注記

この推奨事項は、証明書のレプリケーションとドメインのレプリケーションの両方に適用されます。

レプリカごとに 4 つのレプリカ合意という制限は、次の 2 つの場合には、例外として適用されません。

  • 特定のレプリカがオンラインでない場合や応答していない場合にフェイルオーバーパスが必要な場合
  • 大規模デプロイメントで、特定のノード間に追加の直接リンクが必要な場合

レプリカ合意を多数設定すると、全体のパフォーマンスに悪影響が及ぶ可能性があります。トポロジー内の複数のレプリカ合意が更新を送信すると、特定のレプリカの changelog データベースファイル上で、受信する更新と送信する更新の間の競合が増大することがあります。

レプリカごとにさらに多くのレプリケーションアグリーメントを使用する場合は、レプリケーションの問題やレイテンシーが発生しないようにしてください。距離が長く、中間ノードの数が多いと、レイテンシーの問題が発生する場合があることに注意してください。

データセンター内のレプリカを互いに接続
これにより、データセンター内のドメインレプリケーションが確実になります。
各データセンターを少なくとも 2 つの他のデータセンターに接続
これにより、データセンター間のドメインレプリケーションが確実になります。
少なくとも一対のレプリカ合意を使用してデータセンターを接続
データセンター A および B に、A1 への B1 までのレプリカ合意がある場合は、A2 から B2 へのレプリカ合意があれば、いずれかのサーバーがダウンしても、2 つのデータセンター間でレプリケーションを続行できます。

3.2. レプリカトポロジーの例

以下の図は、信頼できるトポロジーを作成するガイドラインに基づく Identity Management (IdM) トポロジーの例を示しています。

レプリカトポロジーの例 1 には 4 つのデータセンターがあり、各データセンターに 4 つのサーバーがあります。サーバーは、レプリカ合意で接続されています。

図3.1 レプリカトポロジーの例 1

4 つのデータセンターを示す図: Geo 1 から 4各データセンターに 4 つのサーバーがあり、レプリカ合意で相互に接続されています。また、Geo 1 の 2 つのサーバーを Geo 2 の 2 つのサーバーに接続するレプリカ合意があります。さらに、Geo 2 の 2 つのサーバーが Geo 3 の 2 つのサーバーに接続され、Geo 3 の 2 台のサーバーが Geo 4 に接続されています。これにより、各データセンターが接続され、各サーバーが別の Geo から最大 3 ホップ離れた位置に配置されます。



レプリカトポロジーの例 2 には、3 つのデータセンターがあり、それぞれ異なる数のサーバーを備えています。サーバーは、レプリカ合意で接続されています。

図3.2 レプリカトポロジーの例 2

3 つのデータセンターの図: Geo 1 には、相互に接続された 5 つのサーバーがあります。Geo 2 には、互いに接続された 2 つのサーバーがあります。Geo 3 には、三角形状に接続された 3 つのサーバーがあります。各 Geo の 2 つのサーバーが、次の Geo の 2 つのサーバーに接続しています。

3.3. IdM CA データの保護

デプロイメントに統合 IdM 認証局 (CA) が含まれている場合は、CA レプリカをいくつかインストールして、CA レプリカが失われた場合に追加の CA レプリカを作成できるようにします。

手順

  1. CA サービスを提供するように 3 つ以上のレプリカを設定します。

    1. CA サービスを備えた新しいレプリカをインストールするには、--setup-ca オプションを指定して ipa-replica-install を実行します。

      [root@server ~]# ipa-replica-install --setup-ca
    2. 既存のレプリカに CA サービスをインストールするには、ipa-ca-install を実行します。

      [root@replica ~]# ipa-ca-install
  2. CA レプリカ間で CA レプリカ合意を作成します。

    [root@careplica1 ~]# ipa topologysegment-add
    Suffix name: ca
    Left node: ca-replica1.example.com
    Right node: ca-replica2.example.com
    Segment name [ca-replica1.example.com-to-ca-replica2.example.com]: new_segment
    ---------------------------
    Added segment "new_segment"
    ---------------------------
      Segment name: new_segment
      Left node: ca-replica1.example.com
      Right node: ca-replica2.example.com
      Connectivity: both
警告

CA サービスを提供するサーバーが 1 つしかない場合、それが壊れると、環境全体が失われます。IdM CA を使用する場合、CA サービスがインストールされたレプリカを 3 つ以上用意し、それらの間で CA レプリカ合意を設定ことを 強く推奨 します。

第4章 仮想マシンのスナップショットによるデータ損失への準備

仮想マシン (VM) スナップショットは、IdM サーバーの完全な状態を保存するものであるため、データ復旧計画に不可欠な要素です。

  • オペレーティングシステムのソフトウェアおよび設定
  • IdM ソフトウェアおよび設定
  • IdM のカスタマーデータ

IdM 認証局 (CA) レプリカの仮想マシンスナップショットを準備しておくことで、障害後に IdM デプロイメント全体を再構築できます。

警告

統合 CA を使用する環境では、証明書データは保持されないため、CA のない レプリカのスナップショットは、デプロイメントを再構築するには不十分です。

同様に、環境が IdM Key Recovery Authority (KRA) を使用する場合は、KRA レプリカのスナップショットを作成するようにしてください。そうでないと、ストレージキーが失われる可能性があります。

Red Hat は、デプロイメントで使用されている IdM サーバーロール (CA、KRA、DNS) がすべてインストールされている仮想マシンのスナップショットを作成することを推奨します。

前提条件

  • RHEL 仮想マシンをホストできるハイパーバイザー。

手順

  1. デプロイメントの CA レプリカ を、仮想マシン内で実行するように設定します。

    1. IdM DNS または KRA が環境で使用されている場合は、このレプリカにも DNS サービスおよび KRA サービスをインストールすることを検討してください。
    2. 必要に応じて、仮想マシンレプリカを 非表示のレプリカ として設定します。
  2. この仮想マシンを定期的にシャットダウンして、完全なスナップショットを取得し、オンラインに戻して、レプリケーションの更新の受信を続けます。仮想マシンが非表示のレプリカの場合は、この手順中に IdM クライアントが中断することはありません。

第5章 IdM バックアップによるデータ損失への準備

IdM は、IdM データをバックアップする ipa-backup ユーティリティーと、そのバックアップからサーバーおよびデータを復元する ipa-restore ユーティリティーを提供します。

このセクションでは次のトピックについて説明します。

注記

Red Hat は、すべてのサーバーロール (特に、環境が統合 IdM CA を使用する場合は認証局 (CA) ロール) がインストールされた 非表示のレプリカ でバックアップを必要な頻度で実行することを推奨します。IdM 非表示レプリカのインストール を参照してください。

5.1. IdM バックアップの種類

ipa-backup ユーティリティーを使用すると、2 種類のバックアップを作成できます。

サーバーのフルバックアップ
  • IdM に関連するすべてのサーバー設定ファイルと、LDAP データ交換形式 (LDIF) ファイルにある LDAP データがすべて 含まれます
  • IdM サービスは オフライン である必要があります。
  • IdM デプロイメントをゼロから再構築する場合に 適しています
データのみのバックアップ
  • LDIF ファイルの LDAP データとレプリケーション変更ログが 含まれます
  • IdM サービスは、オンラインまたはオフライン にできます。
  • IdM データを以前の状態に復元する場合に 適しています

5.2. IdM バックアップファイルの命名規則

デフォルトでは、IdM はバックアップを .tar アーカイブとして /var/lib/ipa/backup/ ディレクトリーのサブディレクトリーに保存します。

アーカイブおよびサブディレクトリーは、以下の命名規則に従います。

サーバーのフルバックアップ

ipa-full-<YEAR-MM-DD-HH-MM-SS> という名前のディレクトリーにある ipa-full.tar という名称のアーカイブ。時間は GMT 時間で指定されます。

[root@server ~]# ll /var/lib/ipa/backup/ipa-full-2021-01-29-12-11-46
total 3056
-rw-r--r--. 1 root root     158 Jan 29 12:11 header
-rw-r--r--. 1 root root 3121511 Jan 29 12:11 ipa-full.tar
データのみのバックアップ

ipa-data-<YEAR-MM-DD-HH-MM-SS> という名前のディレクトリーにある ipa-data.tar という名称のアーカイブ。時間は GMT 時間で指定されます。

[root@server ~]# ll /var/lib/ipa/backup/ipa-data-2021-01-29-12-14-23
total 1072
-rw-r--r--. 1 root root     158 Jan 29 12:14 header
-rw-r--r--. 1 root root 1090388 Jan 29 12:14 ipa-data.tar
注記

IdM サーバーをアンインストールしても、バックアップファイルは自動的に削除されません。

5.3. バックアップの作成時の考慮事項

ipa-backup コマンドの重要な動作と制限事項は次のとおりです。

  • デフォルトでは、ipa-backup ユーティリティーはオフラインモードで実行されるため、IdM サービスがすべて停止します。このユーティリティーは、バックアップ完了後に IdM サービスを自動的に再起動します。
  • サーバーのフルバックアップは、常に IdM サービスがオフラインの状態で実行する必要がありますが、データのみのバックアップは、サービスがオンラインの状態でも実行できます。
  • デフォルトでは、ipa-backup ユーティリティーは、/var/lib/ipa/backup/ ディレクトリーを含むファイルシステムにバックアップを作成します。Red Hat は、IdM が使用する実稼働ファイルシステムとは別のファイルシステムでバックアップを定期的に作成し、バックアップを固定メディア (例: テープまたは光学ストレージ) にアーカイブすることを推奨します。
  • 非表示のレプリカ でのバックアップの実行を検討してください。IdM サービスは、非表示のレプリカでは、IdM クライアントに影響を及ぼさずにシャットダウンできます。
  • ipa-backup ユーティリティーは、認証局 (CA)、ドメインネームシステム (DNS)、およびキー回復エージェント (KRA) など、IdM クラスターで使用されるすべてのサービスが、バックアップを実行中のサーバーにインストールされているかどうかを確認します。サーバーにこれらのサービスがすべてインストールされていない場合、そのホスト上で取得したバックアップではクラスターを完全に復元するには不十分なため、ipa-backup ユーティリティーは警告を表示して終了します。

    たとえば、IdM デプロイメントで統合認証局 (CA) を使用している場合、CA のないレプリカでバックアップを実行しても、CA データは取得されません。Red Hat は、ipa-backup を実行するレプリカに、クラスターで使用される IdM サービスがすべてインストールされていることを確認することを推奨します。

    ipa-backup --disable-role-check コマンドを使用すると、IdM サーバーのロールチェックを省略できます。ただし、生成されるバックアップに、IdM を完全に復元するのに必要な全データが保存されなくなります。

5.4. IdM バックアップの作成

ipa-backup コマンドを使用して、オフラインモードおよびオンラインモードで、サーバーのフルバックアップとデータのみのバックアップを作成するには、次の手順に従います。

前提条件

  • ipa-backup ユーティリティーを実行するには、root 権限が必要です。

手順

  • オフラインモードでサーバーのフルバックアップを作成するには、追加オプションを指定せずに ipa-backup ユーティリティーを使用します。

    [root@server ~]# ipa-backup
    Preparing backup on server.example.com
    Stopping IPA services
    Backing up ipaca in EXAMPLE-COM to LDIF
    Backing up userRoot in EXAMPLE-COM to LDIF
    Backing up EXAMPLE-COM
    Backing up files
    Starting IPA service
    Backed up to /var/lib/ipa/backup/ipa-full-2020-01-14-11-26-06
    The ipa-backup command was successful
  • オフラインでデータのみのバックアップを作成するには、--data オプションを指定します。

    [root@server ~]# ipa-backup --data
  • IdM ログファイルを含むサーバーのフルバックアップを作成するには、--logs オプションを使用します。

    [root@server ~]# ipa-backup --logs
  • IdM サービスの実行中にデータのみのバックアップを作成するには、--data オプションおよび --online オプションの両方を指定します。

    [root@server ~]# ipa-backup --data --online
注記

/tmp ディレクトリーに十分なスペースがないためにバックアップが失敗する場合は、TMPDIR 環境変数を使用して、バックアッププロセスで作成された一時ファイルの保存先を変更します。

[root@server ~]# TMPDIR=/new/location ipa-backup

詳細は ipa-backup コマンドの終了に失敗する を参照してください。

検証手順

  • バックアップディレクトリーに、バックアップを含むアーカイブが格納されています。

    [root@server ~]# ls /var/lib/ipa/backup/ipa-full-2020-01-14-11-26-06
    header  ipa-full.tar

5.5. GPG2 で暗号化した IdM バックアップの作成

GPG (GNU Privacy Guard) 暗号化を使用して、暗号化バックアップを作成できます。以下の手順では、IdM バックアップを作成し、GPG2 キーを使用して暗号化します。

前提条件

手順

  • --gpg オプションを指定して、GPG で暗号化したバックアップを作成します。

    [root@server ~]# ipa-backup --gpg
    Preparing backup on server.example.com
    Stopping IPA services
    Backing up ipaca in EXAMPLE-COM to LDIF
    Backing up userRoot in EXAMPLE-COM to LDIF
    Backing up EXAMPLE-COM
    Backing up files
    Starting IPA service
    Encrypting /var/lib/ipa/backup/ipa-full-2020-01-13-14-38-00/ipa-full.tar
    Backed up to /var/lib/ipa/backup/ipa-full-2020-01-13-14-38-00
    The ipa-backup command was successful

検証手順

  • バックアップディレクトリーに、ファイル拡張子が .gpg の暗号化されたアーカイブが含まれていることを確認します。

    [root@server ~]# ls /var/lib/ipa/backup/ipa-full-2020-01-13-14-38-00
    header  ipa-full.tar.gpg

5.6. GPG2 キーの作成

以下の手順では、暗号化ユーティリティーで使用する GPG2 キーを生成する方法を説明します。

前提条件

  • root 権限が必要です。

手順

  1. pinentry ユーティリティーをインストールして設定します。

    [root@server ~]# dnf install pinentry
    [root@server ~]# mkdir ~/.gnupg -m 700
    [root@server ~]# echo "pinentry-program /usr/bin/pinentry-curses" >> ~/.gnupg/gpg-agent.conf
  2. 希望する内容で、GPG キーペアの生成に使用する key-input ファイルを作成します。以下に例を示します。

    [root@server ~]# cat >key-input <<EOF
    %echo Generating a standard key
    Key-Type: RSA
    Key-Length: 2048
    Name-Real: GPG User
    Name-Comment: first key
    Name-Email: root@example.com
    Expire-Date: 0
    %commit
    %echo Finished creating standard key
    EOF
  3. (オプション) デフォルトでは、GPG2 はキーリングを ~/.gnupg ファイルに保存します。カスタムのキーリングの場所を使用するには、GNUPGHOME 環境変数を、root のみがアクセスできるディレクトリーに設定します。

    [root@server ~]# export GNUPGHOME=/root/backup
    
    [root@server ~]# mkdir -p $GNUPGHOME -m 700
  4. key-input ファイルの内容に基づいて、新しい GPG2 キーを生成します。

    [root@server ~]# gpg2 --batch --gen-key key-input
  5. GPG2 キーを保護するパスフレーズを入力します。このパスフレーズは、秘密鍵へのアクセスと復号に使用します。

    ┌──────────────────────────────────────────────────────┐
    │ Please enter the passphrase to                       │
    │ protect your new key                                 │
    │                                                      │
    │ Passphrase: <passphrase>                             │
    │                                                      │
    │	 <OK>                             <Cancel>         │
    └──────────────────────────────────────────────────────┘
  6. パスフレーズを再度入力して、正しいパスフレーズを確認します。

    ┌──────────────────────────────────────────────────────┐
    │ Please re-enter this passphrase                      │
    │                                                      │
    │ Passphrase: <passphrase>                             │
    │                                                      │
    │	 <OK>                             <Cancel>         │
    └──────────────────────────────────────────────────────┘
  7. 新しい GPG2 キーが正常に作成されたことを確認します。

    gpg: keybox '/root/backup/pubring.kbx' created
    gpg: Generating a standard key
    gpg: /root/backup/trustdb.gpg: trustdb created
    gpg: key BF28FFA302EF4557 marked as ultimately trusted
    gpg: directory '/root/backup/openpgp-revocs.d' created
    gpg: revocation certificate stored as '/root/backup/openpgp-revocs.d/8F6FCF10C80359D5A05AED67BF28FFA302EF4557.rev'
    gpg: Finished creating standard key

検証手順

  • サーバーの GPG キーのリストを表示します。

    [root@server ~]# gpg2 --list-secret-keys
    gpg: checking the trustdb
    gpg: marginals needed: 3  completes needed: 1  trust model: pgp
    gpg: depth: 0  valid:   1  signed:   0  trust: 0-, 0q, 0n, 0m, 0f, 1u
    /root/backup/pubring.kbx
    ------------------------
    sec   rsa2048 2020-01-13 [SCEA]
          8F6FCF10C80359D5A05AED67BF28FFA302EF4557
    uid           [ultimate] GPG User (first key) <root@example.com>

関連情報

第6章 Ansible Playbook を使用した IdM サーバーのバックアップ

ipabackup Ansible ロールを使用すると、IdM サーバーのバックアップを自動化し、サーバーと Ansible コントローラー間でバックアップファイルを転送できます。

このセクションでは次のトピックについて説明します。

6.1. IdM 管理用の Ansible コントロールノードの準備

Identity Management (IdM) を管理するシステム管理者は、Red Hat Ansible Engine を使用する際に以下を行うことが推奨されます。

  • ホームディレクトリーに Ansible Playbook 専用のサブディレクトリー (例: ~/MyPlaybooks) を作成します。
  • /usr/share/doc/ansible-freeipa/*/usr/share/doc/rhel-system-roles/* ディレクトリーおよびサブディレクトリーから ~/MyPlaybooks ディレクトリーにサンプル Ansible Playbook をコピーして調整します。
  • ~/MyPlaybooks ディレクトリーにインベントリーファイルを追加します。

この方法に従うことで、すべての Playbook を 1 カ所で見つけることができます。また、root 権限を呼び出さなくても Playbook を実行できます。

注記

ipaserveripareplicaipaclientipabackupipasmartcard_server、および ipasmartcard_client ansible-freeipa のロールを実行するために必要なのは、管理対象ノードでの root 権限のみです。これらのロールには、ディレクトリーおよび dnf ソフトウェアパッケージマネージャーへの特権アクセスが必要です。

~/MyPlaybooks ディレクトリーを作成し、それを使用して Ansible Playbook を保存および実行できるように設定するには、次の手順に従います。

前提条件

  • 管理対象ノードに IdM サーバー (server.idm.example.com および replica.idm.example.com) をインストールしている。
  • DNS およびネットワークを設定し、コントロールノードから直接管理対象ノード (server.idm.example.com および replica.idm.example.com) にログインすることができる。
  • IdM admin のパスワードを把握している。

手順

  1. Ansible 設定および Playbook のディレクトリーをホームディレクトリーに作成します。

    $ mkdir ~/MyPlaybooks/
  2. ~/MyPlaybooks/ ディレクトリーに移動します。

    $ cd ~/MyPlaybooks
  3. ~/MyPlaybooks/ansible.cfg ファイルを以下の内容で作成します。

    [defaults]
    inventory = /home/your_username/MyPlaybooks/inventory
    
    [privilege_escalation]
    become=True
  4. ~/MyPlaybooks/inventory ファイルを以下の内容で作成します。

    [ipaserver]
    server.idm.example.com
    
    [ipareplicas]
    replica1.idm.example.com
    replica2.idm.example.com
    
    [ipacluster:children]
    ipaserver
    ipareplicas
    
    [ipacluster:vars]
    ipaadmin_password=SomeADMINpassword
    
    [ipaclients]
    ipaclient1.example.com
    ipaclient2.example.com
    
    [ipaclients:vars]
    ipaadmin_password=SomeADMINpassword

    この設定は、これらの場所にあるホストの 2 つのホストグループ (euus) を定義します。さらに、この設定は、eu および us グループのすべてのホストを含む ipaserver ホストグループを定義します。

  5. [オプション] SSH 公開鍵および秘密鍵を作成します。テスト環境でのアクセスを簡素化するには、秘密鍵にパスワードを設定しないでください。

    $ ssh-keygen
  6. 各マネージドノードの IdM admin アカウントに SSH 公開鍵をコピーします。

    $ ssh-copy-id admin@server.idm.example.com
    $ ssh-copy-id admin@replica.idm.example.com

    これらのコマンドを入力する場合は、IdM admin パスワードを入力する必要があります。

6.2. Ansible を使用した IdM サーバーのバックアップの作成

以下の手順では、Ansible Playbook の ipabackup ロールを使用して IdM サーバーのバックアップを作成し、IdM サーバーに保存する方法を説明します。

前提条件

  • 次の要件を満たすように Ansible コントロールノードを設定している。

    • Ansible バージョン 2.14 以降を使用している。
    • Ansible コントローラーに ansible-freeipa パッケージがインストールされている。
    • ~/MyPlaybooks/ ディレクトリーに、IdM サーバーの完全修飾ドメイン名 (FQDN) を使用して Ansible インベントリーファイル を作成している (この例の場合)。
    • この例では、secret.yml Ansible ボールトに ipaadmin_password が保存されていることを前提としている。
  • ansible-freeipa モジュールが実行されるノードであるターゲットノードは、IdM クライアント、サーバー、またはレプリカとしての IdM ドメインの一部です。

手順

  1. ~/MyPlaybooks/ ディレクトリーに移動します。

    $ cd ~/MyPlaybooks/
  2. /usr/share/doc/ansible-freeipa/playbooks ディレクトリーにある backup-server.yml ファイルのコピーを作成します。

    $ cp /usr/share/doc/ansible-freeipa/playbooks/backup-server.yml backup-my-server.yml
  3. backup-my-server.yml Ansible Playbook ファイルを開いて編集します。
  4. hosts 変数をインベントリーファイルのホストグループに設定して、ファイルを調整します。この例では、ipaserver ホストグループに設定します。

    ---
    - name: Playbook to backup IPA server
      hosts: ipaserver
      become: true
    
      roles:
      - role: ipabackup
        state: present
  5. ファイルを保存します。
  6. Playbook ファイルとインベントリーファイルを指定して Ansible Playbook を実行します。

    $ ansible-playbook --vault-password-file=password_file -v -i ~/MyPlaybooks/inventory backup-my-server.yml

検証手順

  1. バックアップした IdM サーバーにログインします。
  2. バックアップが /var/lib/ipa/backup ディレクトリーにあることを確認します。

    [root@server ~]# ls /var/lib/ipa/backup/
    ipa-full-2021-04-30-13-12-00

関連情報

  • ipabackup ロールを使用する他の Ansible Playbook の例は、以下を参照してください。

    • /usr/share/doc/ansible-freeipa/roles/ipabackup ディレクトリーの README.md ファイル
    • /usr/share/doc/ansible-freeipa/playbooks/ ディレクトリー

6.3. Ansible を使用した Ansible コントローラーへの IdM サーバーのバックアップの作成

以下の手順では、Ansible Playbook の ipabackup ロールを使用して IdM サーバーのバックアップを作成し、Ansible コントローラーに自動的に転送する方法を説明します。バックアップファイル名は、IdM サーバーのホスト名で始まります。

前提条件

  • 次の要件を満たすように Ansible コントロールノードを設定している。

    • Ansible バージョン 2.14 以降を使用している。
    • Ansible コントローラーに ansible-freeipa パッケージがインストールされている。
    • ~/MyPlaybooks/ ディレクトリーに、IdM サーバーの完全修飾ドメイン名 (FQDN) を使用して Ansible インベントリーファイル を作成している (この例の場合)。
    • この例では、secret.yml Ansible ボールトに ipaadmin_password が保存されていることを前提としている。
  • ansible-freeipa モジュールが実行されるノードであるターゲットノードは、IdM クライアント、サーバー、またはレプリカとしての IdM ドメインの一部です。

手順

  1. バックアップを保存するために、Ansible コントローラーのホームディレクトリーにサブディレクトリーを作成します。

    $ mkdir ~/ipabackups
  2. ~/MyPlaybooks/ ディレクトリーに移動します。

    $ cd ~/MyPlaybooks/
  3. /usr/share/doc/ansible-freeipa/playbooks ディレクトリーにある backup-server-to-controller.yml ファイルのコピーを作成します。

    $ cp /usr/share/doc/ansible-freeipa/playbooks/backup-server-to-controller.yml backup-my-server-to-my-controller.yml
  4. backup-my-server-to-my-controller.yml ファイルを開いて編集します。
  5. 以下の変数を設定してファイルを調整します。

    1. hosts 変数を、インベントリーファイルのホストグループに設定します。この例では、ipaserver ホストグループに設定します。
    2. (オプション) IdM サーバー上にバックアップのコピーを保持するには、次の行のコメントを解除します。

       # ipabackup_keep_on_server: yes
  6. デフォルトでは、バックアップは Ansible コントローラーの現在の作業ディレクトリーに保存されます。ステップ 1 で作成したバックアップディレクトリーを指定するには、ipabackup_controller_path 変数を追加し、それを /home/user/ipabackups ディレクトリーに設定します。

    ---
    - name: Playbook to backup IPA server to controller
      hosts: ipaserver
      become: true
      vars:
        ipabackup_to_controller: yes
        # ipabackup_keep_on_server: yes
        ipabackup_controller_path: /home/user/ipabackups
    
      roles:
      - role: ipabackup
        state: present
  7. ファイルを保存します。
  8. Playbook ファイルとインベントリーファイルを指定して Ansible Playbook を実行します。

    $ ansible-playbook --vault-password-file=password_file -v -i ~/MyPlaybooks/inventory backup-my-server-to-my-controller.yml

検証手順

  • バックアップが Ansible コントローラーの /home/user/ipabackups ディレクトリーにあることを確認します。

    [user@controller ~]$ ls /home/user/ipabackups
    server.idm.example.com_ipa-full-2021-04-30-13-12-00

関連情報

  • ipabackup ロールを使用する他の Ansible Playbook の例は、以下を参照してください。

    • /usr/share/doc/ansible-freeipa/roles/ipabackup ディレクトリーの README.md ファイル
    • /usr/share/doc/ansible-freeipa/playbooks/ ディレクトリー

6.4. Ansible を使用した IdM サーバーのバックアップの Ansible コントローラーへのコピー

以下の手順では、Ansible Playbook を使用して IdM サーバーのバックアップを Ansible サーバーから Ansible コントローラーにコピーする方法を説明します。

前提条件

  • 次の要件を満たすように Ansible コントロールノードを設定している。

    • Ansible バージョン 2.14 以降を使用している。
    • Ansible コントローラーに ansible-freeipa パッケージがインストールされている。
    • ~/MyPlaybooks/ ディレクトリーに、IdM サーバーの完全修飾ドメイン名 (FQDN) を使用して Ansible インベントリーファイル を作成している (この例の場合)。
    • この例では、secret.yml Ansible ボールトに ipaadmin_password が保存されていることを前提としている。
  • ansible-freeipa モジュールが実行されるノードであるターゲットノードは、IdM クライアント、サーバー、またはレプリカとしての IdM ドメインの一部です。

手順

  1. バックアップを保存するために、Ansible コントローラーのホームディレクトリーにサブディレクトリーを作成します。

    $ mkdir ~/ipabackups
  2. ~/MyPlaybooks/ ディレクトリーに移動します。

    $ cd ~/MyPlaybooks/
  3. /usr/share/doc/ansible-freeipa/playbooks ディレクトリーにある copy-backup-from-server.yml ファイルのコピーを作成します。

    $ cp /usr/share/doc/ansible-freeipa/playbooks/copy-backup-from-server.yml copy-backup-from-my-server-to-my-controller.yml
  4. copy-my-backup-from-my-server-to-my-controller.yml ファイルを開いて編集します。
  5. 以下の変数を設定してファイルを調整します。

    1. hosts 変数を、インベントリーファイルのホストグループに設定します。この例では、ipaserver ホストグループに設定します。
    2. ipabackup_name 変数を、Ansible コントローラーにコピーする IdM サーバー上の ipabackup の名前に設定します。
    3. デフォルトでは、バックアップは Ansible コントローラーの現在の作業ディレクトリーに保存されます。ステップ 1 で作成したディレクトリーを指定するには、ipabackup_controller_path 変数を追加し、それを /home/user/ipabackups ディレクトリーに設定します。

      ---
      - name: Playbook to copy backup from IPA server
        hosts: ipaserver
        become: true
        vars:
          ipabackup_name: ipa-full-2021-04-30-13-12-00
          ipabackup_to_controller: yes
          ipabackup_controller_path: /home/user/ipabackups
      
        roles:
        - role: ipabackup
          state: present
  6. ファイルを保存します。
  7. Playbook ファイルとインベントリーファイルを指定して Ansible Playbook を実行します。

    $ ansible-playbook --vault-password-file=password_file -v -i ~/MyPlaybooks/inventory copy-backup-from-my-server-to-my-controller.yml
注記

すべて の IdM バックアップをコントローラーにコピーするには、Ansible Playbook の ipabackup_name 変数を all に設定します。

  vars:
    ipabackup_name: all
    ipabackup_to_controller: yes

たとえば、/usr/share/doc/ansible-freeipa/playbooks ディレクトリーの Ansible Playbook copy-all-backups-from-server.yml を参照してください。

検証手順

  • バックアップが Ansible コントローラーの /home/user/ipabackups ディレクトリーにあることを確認します。

    [user@controller ~]$ ls /home/user/ipabackups
    server.idm.example.com_ipa-full-2021-04-30-13-12-00

関連情報

  • /usr/share/doc/ansible-freeipa/roles/ipabackup ディレクトリーの README.md ファイル
  • /usr/share/doc/ansible-freeipa/playbooks/ ディレクトリー

6.5. Ansible を使用した IdM サーバーのバックアップの Ansible コントローラーから IdM サーバーへのコピー

以下の手順では、Ansible Playbook を使用して IdM サーバーのバックアップを Ansible コントローラーから Ansible サーバーにコピーする方法を説明します。

前提条件

  • 次の要件を満たすように Ansible コントロールノードを設定している。

    • Ansible バージョン 2.14 以降を使用している。
    • Ansible コントローラーに ansible-freeipa パッケージがインストールされている。
    • ~/MyPlaybooks/ ディレクトリーに、IdM サーバーの完全修飾ドメイン名 (FQDN) を使用して Ansible インベントリーファイル を作成している (この例の場合)。
    • この例では、secret.yml Ansible ボールトに ipaadmin_password が保存されていることを前提としている。
  • ansible-freeipa モジュールが実行されるノードであるターゲットノードは、IdM クライアント、サーバー、またはレプリカとしての IdM ドメインの一部です。

手順

  1. ~/MyPlaybooks/ ディレクトリーに移動します。

    $ cd ~/MyPlaybooks/
  2. /usr/share/doc/ansible-freeipa/playbooks ディレクトリーにある copy-backup-from-controller.yml のコピーを作成します。

    $ cp /usr/share/doc/ansible-freeipa/playbooks/copy-backup-from-controller.yml copy-backup-from-my-controller-to-my-server.yml
  3. copy-my-backup-from-my-controller-to-my-server.yml ファイルを開いて編集します。
  4. 以下の変数を設定してファイルを調整します。

    1. hosts 変数を、インベントリーファイルのホストグループに設定します。この例では、ipaserver ホストグループに設定します。
    2. ipabackup_name 変数を、IdM サーバーにコピーする Ansible コントローラー上の ipabackup の名前に設定します。

      ---
      - name: Playbook to copy a backup from controller to the IPA server
        hosts: ipaserver
        become: true
      
        vars:
          ipabackup_name: server.idm.example.com_ipa-full-2021-04-30-13-12-00
          ipabackup_from_controller: yes
      
        roles:
        - role: ipabackup
          state: copied
  5. ファイルを保存します。
  6. Playbook ファイルとインベントリーファイルを指定して Ansible Playbook を実行します。

    $ ansible-playbook --vault-password-file=password_file -v -i ~/MyPlaybooks/inventory copy-backup-from-my-controller-to-my-server.yml

関連情報

  • /usr/share/doc/ansible-freeipa/roles/ipabackup ディレクトリーの README.md ファイル
  • /usr/share/doc/ansible-freeipa/playbooks/ ディレクトリー

6.6. Ansible を使用した IdM サーバーからのバックアップの削除

以下の手順では、Ansible Playbook を使用して IdM サーバーからバックアップを削除する方法を説明します。

前提条件

  • 次の要件を満たすように Ansible コントロールノードを設定している。

    • Ansible バージョン 2.14 以降を使用している。
    • Ansible コントローラーに ansible-freeipa パッケージがインストールされている。
    • ~/MyPlaybooks/ ディレクトリーに、IdM サーバーの完全修飾ドメイン名 (FQDN) を使用して Ansible インベントリーファイル を作成している (この例の場合)。
    • この例では、secret.yml Ansible ボールトに ipaadmin_password が保存されていることを前提としている。
  • ansible-freeipa モジュールが実行されるノードであるターゲットノードは、IdM クライアント、サーバー、またはレプリカとしての IdM ドメインの一部です。

手順

  1. ~/MyPlaybooks/ ディレクトリーに移動します。

    $ cd ~/MyPlaybooks/
  2. /usr/share/doc/ansible-freeipa/playbooks ディレクトリーにある remove-backup-from-server.yml ファイルのコピーを作成します。

    $ cp /usr/share/doc/ansible-freeipa/playbooks/remove-backup-from-server.yml remove-backup-from-my-server.yml
  3. remove-backup-from-my-server.yml ファイルを開いて編集します。
  4. 以下の変数を設定してファイルを調整します。

    1. hosts 変数を、インベントリーファイルのホストグループに設定します。この例では、ipaserver ホストグループに設定します。
    2. ipabackup_name 変数を、IdM サーバーから削除する ipabackup の名前に設定します。

      ---
      - name: Playbook to remove backup from IPA server
        hosts: ipaserver
        become: true
      
        vars:
          ipabackup_name: ipa-full-2021-04-30-13-12-00
      
        roles:
        - role: ipabackup
          state: absent
  5. ファイルを保存します。
  6. Playbook ファイルとインベントリーファイルを指定して Ansible Playbook を実行します。

    $ ansible-playbook --vault-password-file=password_file -v -i ~/MyPlaybooks/inventory remove-backup-from-my-server.yml
注記

IdM サーバーから すべて の IdM バックアップを削除するには、Ansible Playbook の ipabackup_name 変数を all に設定します。

  vars:
    ipabackup_name: all

たとえば、/usr/share/doc/ansible-freeipa/playbooks ディレクトリーの Ansible Playbook remove-all-backups-from-server.yml を参照してください。

関連情報

  • /usr/share/doc/ansible-freeipa/roles/ipabackup ディレクトリーの README.md ファイル
  • /usr/share/doc/ansible-freeipa/playbooks/ ディレクトリー

法律上の通知

Copyright © 2024 Red Hat, Inc.
The text of and illustrations in this document are licensed by Red Hat under a Creative Commons Attribution–Share Alike 3.0 Unported license ("CC-BY-SA"). An explanation of CC-BY-SA is available at http://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0/. In accordance with CC-BY-SA, if you distribute this document or an adaptation of it, you must provide the URL for the original version.
Red Hat, as the licensor of this document, waives the right to enforce, and agrees not to assert, Section 4d of CC-BY-SA to the fullest extent permitted by applicable law.
Red Hat, Red Hat Enterprise Linux, the Shadowman logo, the Red Hat logo, JBoss, OpenShift, Fedora, the Infinity logo, and RHCE are trademarks of Red Hat, Inc., registered in the United States and other countries.
Linux® is the registered trademark of Linus Torvalds in the United States and other countries.
Java® is a registered trademark of Oracle and/or its affiliates.
XFS® is a trademark of Silicon Graphics International Corp. or its subsidiaries in the United States and/or other countries.
MySQL® is a registered trademark of MySQL AB in the United States, the European Union and other countries.
Node.js® is an official trademark of Joyent. Red Hat is not formally related to or endorsed by the official Joyent Node.js open source or commercial project.
The OpenStack® Word Mark and OpenStack logo are either registered trademarks/service marks or trademarks/service marks of the OpenStack Foundation, in the United States and other countries and are used with the OpenStack Foundation's permission. We are not affiliated with, endorsed or sponsored by the OpenStack Foundation, or the OpenStack community.
All other trademarks are the property of their respective owners.
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.