検索

第2章 cloud-init の概要

download PDF

cloud-init ユーティリティーは、システム起動時のクラウドインスタンスの初期化を自動化します。cloud-init は、さまざまなタスクを実行するように設定できます。

  • ホスト名の設定
  • インスタンスへのパッケージのインストール
  • スクリプトの実行
  • デフォルトの仮想マシン (VM) 動作の抑制

前提条件

cloud-init は、さまざまなタイプの RHEL イメージで使用できます。以下に例を示します。

  • Red Hat カスタマーポータル から KVM ゲストイメージをダウンロードした場合、そのイメージには cloud-init パッケージがプリインストールされています。インスタンスを起動すると、cloud-init パッケージが有効になります。Red Hat カスタマーポータルの KVM ゲストイメージは、Red Hat Virtualization (RHV)、Red Hat OpenStack Platform (RHOSP)、および Red Hat OpenShift Virtualization で使用することを目的としています。
  • Red Hat カスタマーポータルから RHEL ISO イメージをダウンロードして、カスタムゲストイメージを作成することもできます。この場合、カスタマイズしたゲストイメージに cloud-init パッケージをインストールする必要があります。
  • クラウドサービスプロバイダー (AWS や Azure など) のイメージを使用する必要がある場合は、RHEL Image Builder を使用してイメージを作成します。Image Builder のイメージは、特定のクラウドプロバイダー用にカスタマイズされます。次のイメージタイプには、cloud-init がすでにインストールされています。

ほとんどのクラウドプラットフォームは cloud-init をサポートしますが、設定手順とサポートされるオプションは異なります。また、NoCloud 環境向けに cloud-init を設定できます。

さらに、cloud-init を 1 台の仮想マシンに設定し、その仮想マシンを追加の仮想マシンまたは仮想マシンのクラスターを作成するためのテンプレートとして使用できます。

Red Hat Virtualization などの特定の Red Hat 製品には、それらの製品用に cloud-init を設定する手順が文書化されています。

2.1. cloud-init 設定の概要

cloud-init ユーティリティーは、YAML 形式の設定ファイルを使用して、ユーザー定義のタスクをインスタンスに適用します。インスタンスが起動すると、cloud-init サービスが起動して、YAML ファイルからの命令を実行します。設定に応じて、タスクは仮想マシンの最初の起動時または後続の起動時に完了します。

特定のタスクを定義するには、/etc/cloud/cloud.cfg ファイルを設定し、/etc/cloud/cloud.cfg.d/ ディレクトリーにディレクティブを追加します。

  • cloud.cfg ファイルには、ユーザーアクセス、認証、システム情報など、さまざまなシステム設定のディレクティブが含まれます。

    ファイルには、cloud-init のデフォルトおよびオプションのモジュールも含まれています。これらのモジュールは、cloud-init の初期化フェーズ、設定フェーズ、最終フェーズで順番に実行されます。

    + cloud.cfg ファイル内では、3 つのフェーズのモジュールが、cloud_init_modulescloud_config_modules、および cloud_final_modules の下にそれぞれリスト表示されます。

  • cloud.cfg.d ディレクトリーに、cloud-init のディレクティブをさらに追加できます。ディレクティブを cloud.cfg.d ディレクトリーに追加する場合は、*.cfg という名前のカスタムファイルにディレクティブを追加し、ファイルの上部に #cloud-config を常に含める必要があります。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.