検索

4.7. cloud-init を使用した最初の起動コマンドの実行

download PDF

runcmd セクションおよび bootcmd セクションを使用して、起動および初期化中にコマンドを実行できます。

bootcmd セクションは、初期化プロセスの早い段階で実行され、デフォルトでは起動ごとに実行されます。runcmd セクションは、プロセスの最後の方で実行され、初回起動時および初期化中にのみ実行されます。

手順

  1. データソースの要件に応じて、user-data ファイルを編集するか、次のディレクティブを cloud.cfg.d ディレクトリーに追加します。

    注記

    cloud-init が、ユーザーディレクティブを含むファイルを認識できるように、すべてのユーザーディレクティブはファイルの最上部に #cloud-config が含まれます。cloud.cfg.d ディレクトリーにディレクティブを含める場合は、ファイル名を *.cfg とし、ファイルの最上部に常に #cloud-config を含めます。

  2. bootcmd および runcmd のセクションを追加します。cloud-init が実行するコマンドを含めます。

    #cloud-config
    users:
      - default
      - name: user2
        gecos: User N. Ame
        groups: users
    chpasswd:
      list: |
        root:password
        fedora:myfedpassword
        user2:mypassword2
      expire: False
    bootcmd:
     - echo New MOTD >> /etc/motd
    runcmd:
     - echo New MOTD2 >> /etc/motd
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.