検索

4.17. cloud-init のトラブルシューティング

download PDF

cloud-init ユーティリティーを実行した後、設定ファイルとログファイルを調べることでインスタンスのトラブルシューティングを行うことができます。問題を特定したら、インスタンスで cloud-init を再実行します。コマンドラインから cloud-init を実行できます。詳細は、cloud-init --help コマンドを実行してください。

手順

  1. cloud-init 設定ファイルを確認します。

    1. /etc/cloud/cloud.cfg 設定ファイルを検証します。cloud_init_modulescloud_config_modules、および cloud_final_modules に含まれるモジュールを確認します。
    2. /etc/cloud/cloud.cfg.d ディレクトリーで、ディレクティブ (*.cfg files) を確認します。
  2. 特定の問題の詳細については、/var/log/cloud-init.log ファイルおよび /var/log/cloud-init-output.log ファイルを確認してください。たとえば、root パーティションが自動的に拡張されなかった場合は、growpart ユーティリティーのログメッセージを確認します。ファイルシステムが拡張されなかった場合は、ログメッセージで resizefs を確認します。以下に例を示します。

    # grep resizefs /var/log/cloud-init.log
    注記

    growpart は LVM をサポートしません。root パーティションが LVM をベースとしている場合は、root パーティションは初回起動時に自動的に拡張されません。

  3. root として cloud-init コマンドを再実行します。

    1. init モジュールのみで cloud-init を再実行します。

      # /usr/bin/cloud-init -d init
    2. 設定内のすべてのモジュールで cloud-init を再実行します。

      # /usr/bin/cloud-init -d modules
    3. cloud-init キャッシュを削除し、起動後に cloud-init を強制的に実行します。

      # rm -rf /var/lib/cloud/ && /usr/bin/cloud-init -d init
    4. ディレクトリーをクリーンアップし、クリーンなインスタンスをシミュレートします。

      # rm -rf /var/lib/cloud/instances/
      # rm -rf /var/lib/cloud/instance
      # rm -rf /var/lib/cloud/data/
      # reboot
    5. cloud-init ユーティリティーを再実行します。

      # cloud-init init --local
      # cloud-init init
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.