検索

13.8. SSSD サービスからデバッグログを収集し、IdM サーバーによる認証問題のトラブルシューティング

download PDF

IdM ユーザーが IdM サーバーへの認証を試行する際に問題が発生した場合は、サーバー上の SSSD サービスで詳細なデバッグロギングを有効にし、ユーザーに関する情報の取得を試行するログを収集します。

前提条件

  • sssctl コマンドを実行して SSSD サービスを再起動するには、root パスワードが必要です。

手順

  1. IdM サーバーで詳細な SSSD デバッグロギングを有効にします。

    [root@server ~]# sssctl debug-level 6
  2. 認証問題が発生しているユーザーの SSSD キャッシュでオブジェクトを無効にするため、LDAP サーバーを省略し、SSSD がすでにキャッシュされている情報を取得しません。

    [root@server ~]# sssctl cache-expire -u idmuser
  3. 古い SSSD ログを削除して、トラブルシューティングのデータセットを最小限に抑える。

    [root@server ~]# sssctl logs-remove
  4. 認証問題が発生し、試行前後にタイムスタンプを収集する際に、ユーザーが認証問題が発生しようと試みます。これらのタイムスタンプは、データセットのスコープをさらに絞り込むことができます。

    [root@server sssd]# date; su idmuser; date
    Mon Mar 29 15:33:48 EDT 2021
    su: user idmuser does not exist
    Mon Mar 29 15:33:49 EDT 2021
  5. (オプション) 詳細な SSSD ログの収集を続行しない場合は、デバッグレベルを下げます。

    [root@server ~]# sssctl debug-level 2
  6. 障害のある要求に関する情報を SSSD ログで確認します。たとえば、/var/log/sssd/sssd_example.com.log ファイルを確認すると、SSSD サービスが cn=accounts,dc=example,dc=com LDAP サブツリーでユーザーを見つけられなかったことを示しています。これは、ユーザーが存在しないか、別の場所に存在することを示しています。

    (Mon Mar 29 15:33:48 2021) [sssd[be[example.com]]] [dp_get_account_info_send] (0x0200): Got request for [0x1][BE_REQ_USER][name=idmuser@example.com]
    ...
    (Mon Mar 29 15:33:48 2021) [sssd[be[example.com]]] [sdap_get_generic_ext_step] (0x0400): calling ldap_search_ext with [(&(uid=idmuser)(objectclass=posixAccount)(uid=)(&(uidNumber=)(!(uidNumber=0))))][cn=accounts,dc=example,dc=com].
    (Mon Mar 29 15:33:48 2021) [sssd[be[example.com]]] [sdap_get_generic_op_finished] (0x0400): Search result: Success(0), no errmsg set
    (Mon Mar 29 15:33:48 2021) [sssd[be[example.com]]] [sdap_search_user_process] (0x0400): Search for users, returned 0 results.
    (Mon Mar 29 15:33:48 2021) [sssd[be[example.com]]] [sysdb_search_by_name] (0x0400): No such entry
    (Mon Mar 29 15:33:48 2021) [sssd[be[example.com]]] [sysdb_delete_user] (0x0400): Error: 2 (No such file or directory)
    (Mon Mar 29 15:33:48 2021) [sssd[be[example.com]]] [sysdb_search_by_name] (0x0400): No such entry
    (Mon Mar 29 15:33:49 2021) [sssd[be[example.com]]] [ipa_id_get_account_info_orig_done] (0x0080): Object not found, ending request
  7. 認証問題の原因を判断できない場合は、以下を行います。

    1. 最近生成した SSSD ログを収集します。

      [root@server ~]# sssctl logs-fetch sssd-logs-Mar29.tar
    2. Red Hat テクニカルサポートケースを作成し、以下を提供します。

      1. SSSD ログ: sssd-logs-Mar29.tar
      2. ログに対応する要求のタイムスタンプおよびユーザー名を含むコンソールの出力。

        [root@server sssd]# date; id idmuser; date
        Mon Mar 29 15:33:48 EDT 2021
        id: ‘idmuser’: no such user
        Mon Mar 29 15:33:49 EDT 2021
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.