検索

14.10. Thunderbird で個人証明書のインポート

download PDF

以下の例は、Mozilla Thunderbird メールクライアントで個人認証用の証明書をインポートする方法を示しています。

前提条件

  1. デバイスに個人証明書が保存されている。

認証に個人証明書を使用するには、以下を実行します。

手順

  1. Certificate Manager を開きます。
  2. Your Certificates タブで、Import をクリックします。

    図14.10 Thunderbird で認証用の個人証明書のインポート

    thunderbird import custom cert
  3. お使いのコンピューターから必要な証明書を選択します。
  4. Certificate Manager を閉じます。
  5. メインメニューを開き、Account Settings を選択します。

    図14.11 メニューからアカウント設定の選択

    thunderbird アカウントの設定
  6. アカウントのメールアドレスの下にある左側のパネルで End-To-End Encryption を選択します。

    エンドツーエンドの暗号化セクションの選択

    エンドツーエンドの thunderbird
  7. S/MIME で、最初の Select を選択して、メッセージの署名に使用する個人証明書を選択します。
  8. S/MIME で、2 番目の Select を選択して、メッセージの暗号化と復号を行う個人証明書を選択します。

    署名および暗号化/復号に使用する証明書の選択

    thunderbird select personal cert
注記

有効な証明書を読み込むことを忘れた場合は、Manage S/MIME certificates を使用して Certificate Manager を直接開くことができます。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.