検索

4.15. gcp-vcp-move-vip リソースエージェントの設定

download PDF

gcp-vpc-move-vip リソースエージェントは、セカンダリー IP アドレス (エイリアス IP) を実行中のインスタンスに割り当てます。これは、クラスター内の異なるノード間で渡すことのできるフローティング IP アドレスです。

このリソースに関する詳細情報を表示します。

# pcs resource describe gcp-vpc-move-vip

プライマリーサブネットアドレス範囲またはセカンダリーサブネットアドレス範囲を使用するようにリソースエージェントを設定できます。

プライマリーサブネットアドレス範囲

プライマリー VPC サブネットのリソースを設定するには、以下の手順を実行します。

手順

  1. aliasip リソースを作成します。未使用の内部 IP アドレスを含めます。コマンドに CIDR ブロックを含めます。

    # pcs resource create aliasip gcp-vpc-move-vip alias_ip=UnusedIPaddress/CIDRblock

    以下に例を示します。

    [root@rhel81-node-01 ~]# pcs resource create aliasip gcp-vpc-move-vip alias_ip=10.10.10.200/32
  2. ノード上の IP を管理する IPaddr2 リソースを作成します。

    # pcs resource create vip IPaddr2 nic=interface ip=AliasIPaddress cidr_netmask=32

    以下に例を示します。

    [root@rhel81-node-01 ~]# pcs resource create vip IPaddr2 nic=eth0 ip=10.10.10.200 cidr_netmask=32
  3. vipgrp でネットワークリソースをグループ化します。

    # pcs resource group add vipgrp aliasip vip

検証

  1. リソースが起動し、vipgrp でグループ化されていることを確認します。

    # pcs status
  2. リソースが別のノードに移動できることを確認します。

    # pcs resource move vip Node

    以下に例を示します。

    [root@rhel81-node-01 ~]# pcs resource move vip rhel81-node-03
  3. 別のノードで vip が正常に起動することを確認します。

    # pcs status

セカンダリーサブネットアドレス範囲

セカンダリーサブネットアドレス範囲のリソースを設定するには、以下の手順を実施します。

前提条件

手順

  1. セカンダリーサブネットアドレス範囲を作成します。

    # gcloud compute networks subnets update SubnetName --region RegionName --add-secondary-ranges SecondarySubnetName=SecondarySubnetRange

    以下に例を示します。

    # gcloud compute networks subnets update range0 --region us-west1 --add-secondary-ranges range1=10.10.20.0/24
  2. aliasip リソースを作成します。セカンダリーサブネットアドレス範囲に未使用の内部 IP アドレスを作成します。コマンドに CIDR ブロックを含めます。

    # pcs resource create aliasip gcp-vpc-move-vip alias_ip=UnusedIPaddress/CIDRblock

    以下に例を示します。

    [root@rhel81-node-01 ~]# pcs resource create aliasip gcp-vpc-move-vip alias_ip=10.10.20.200/32
  3. ノード上の IP を管理する IPaddr2 リソースを作成します。

    # pcs resource create vip IPaddr2 nic=interface ip=AliasIPaddress cidr_netmask=32

    以下に例を示します。

    [root@rhel81-node-01 ~]# pcs resource create vip IPaddr2 nic=eth0 ip=10.10.20.200 cidr_netmask=32
  4. vipgrp でネットワークリソースをグループ化します。

    # pcs resource group add vipgrp aliasip vip

検証

  1. リソースが起動し、vipgrp でグループ化されていることを確認します。

    # pcs status
  2. リソースが別のノードに移動できることを確認します。

    # pcs resource move vip Node

    以下に例を示します。

    [root@rhel81-node-01 ~]# pcs resource move vip rhel81-node-03
  3. 別のノードで vip が正常に起動することを確認します。

    # pcs status
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.