検索

3.4. RHEL イメージの GCP へのアップロード

download PDF

RHEL 9 のイメージを Google Cloud Platform(GCP) にアップロードするには、このセクションの手順に従ってください。

3.4.1. GCP での新規プロジェクトの作成

Google Cloud Platform (GCP) でプロジェクトを新規作成するには、以下の手順を行います。

前提条件

  • GCP のアカウントを持っている必要があります。そうでない場合は、Google Cloud を参照してください。

手順

  1. GCP コンソール を起動します。
  2. Google Cloud Platform の右側にあるドロップダウンメニューをクリックします。
  3. ポップアップメニューから 新しいプロジェクト をクリックします。
  4. 新しいプロジェクト ウィンドウに、新規プロジェクトの名前を入力します。
  5. Organizationのチェックボックスを選択します。ドロップダウンメニューをクリックして、必要に応じて組織を変更します。
  6. 親組織またはフォルダーの 場所 を確認します。参照 をクリックして検索し、必要に応じてこの値を変更します。
  7. 作成 をクリックして、新しい GCP プロジェクトを作成します。

    注記

    Google Cloud SDK をインストールしたら、CLI コマンドの gcloud projects create を使用してプロジェクトを作成できます。以下に例を示します。

    # gcloud projects create my-gcp-project3 --name project3

    この例では、プロジェクト ID my-gcp-project3 とプロジェクト名 project3 のプロジェクトを作成します。詳細は、gcloud project create を参照してください。

3.4.2. Google Cloud SDK のインストール

Google Cloud SDK をインストールするには、以下の手順を行います。

手順

  1. GCP の説明に従って、Google Cloud SDK アーカイブをダウンロードし、抽出します。詳細は、GCP ドキュメント Quickstart for Linux を参照してください。
  2. Google Cloud SDK の初期化と同じ手順に従います。

    注記

    Google Cloud SDK を初期化すると、gcloud CLI コマンドを使用してタスクを実行でき、プロジェクトとインスタンスに関する情報を取得できます。たとえば、gcloud compute project-info describe --project <project-name> コマンドを使用してプロジェクト情報を表示できます。

3.4.3. Google Compute Engine の SSH 鍵の作成

以下の手順に従って、GCE で SSH 鍵を生成して登録し、そのパブリック IP アドレスを使用してインスタンスに直接 SSH 接続できるようにします。

手順

  1. ssh-keygen コマンドを使用して、GCE で使用する SSH 鍵ペアを生成します。

    # ssh-keygen -t rsa -f ~/.ssh/google_compute_engine
  2. GCP Console Dashboard ページ から、Google の Cloud Console バナー の左側にある ナビゲーション メニューをクリックし、Compute Engine を選択して Metadata を選択します。
  3. SSH 鍵 をクリックして、編集 をクリックします。
  4. ~/.ssh/google_compute_engine.pub ファイルから生成された出力を入力し、保存 をクリックします。

    これで、標準の SSH を使用してインスタンスに接続できます。

    # ssh -i ~/.ssh/google_compute_engine <username>@<instance_external_ip>
注記

gcloud compute config-ssh コマンドを実行すると、インスタンスのエイリアスを設定ファイルに追加できます。エイリアスは、インスタンス名による単純な SSH 接続を許可します。gcloud compute config-ssh コマンドの詳細は、gcloud compute config-ssh を参照してください。

3.4.4. GCP ストレージでのストレージバケットの作成

GCP にインポートするには、GCP Storage バケットが必要です。以下の手順に従って、バケットを作成します。

手順

  1. GCP にログインしていない場合は、次のコマンドを実行してログインします。

    # gcloud auth login
  2. ストレージバケットを作成します。

    # gsutil mb gs://bucket_name
    注記

    Google Cloud コンソールを使用してバケットを作成することもできます。詳細は、バケットの作成 を参照してください。

関連情報

3.4.5. GCP バケットへのイメージの変換およびアップロード

以下の手順に従って、GCP バケットにイメージを変換してアップロードします。サンプルは典型的なもので、qcow2 イメージを raw 形式に変換してから、そのイメージをアップロードするために tar を使用します。

手順

  1. qemu-img コマンドを実行してイメージを変換します。変換されたイメージは、disk.raw という名前になるはずです。

    # qemu-img convert -f qcow2 -O raw rhel-9.0-sample.qcow2 disk.raw
  2. イメージに tar コマンドを実行します。

    # tar --format=oldgnu -Sczf disk.raw.tar.gz disk.raw
  3. そのイメージを、以前作成したバケットにアップロードします。アップロードには数分かかる場合があります。

    # gsutil cp disk.raw.tar.gz gs://bucket_name
  4. Google Cloud Platform のホーム画面で、折りたたまれたメニューアイコンをクリックし、ストレージ を選択してから ブラウザー を選択します。
  5. バケットの名前をクリックします。

    バケット名の下に、tar コマンドを実行したイメージが表示されます。

    注記

    GCP コンソール を使用してイメージをアップロードすることもできます。これを行うには、バケットの名前をクリックしてから ファイルのアップロード をクリックします。

3.4.6. GCP バケットのオブジェクトからイメージの作成

以下の手順に従って、GCP バケットのオブジェクトからイメージを作成します。

手順

  1. 以下のコマンドを実行して GCE のイメージを作成します。作成するイメージの名前、バケット名、および tar コマンドを実行したイメージの名前を指定します。

    # gcloud compute images create my-image-name --source-uri gs://my-bucket-name/disk.raw.tar.gz
    注記

    または、Google Cloud コンソールを使用して、イメージを作成することもできます。詳細は、カスタムイメージの作成、削除、および中止 を参照してください。

  2. 必要に応じて、GCP コンソールでイメージを検索します。

    1. Google Cloud Console バナーの左側にある ナビゲーション メニューをクリックします。
    2. Compute Engine を選択し、イメージ を選択します。

3.4.7. イメージからの Google Compute Engine インスタンスの作成

GCP コンソールを使用して GCE 仮想マシンインスタンスを設定するには、以下の手順を行います。

注記

以下の手順では、GCP コンソールを使用して基本的な仮想マシンインスタンスを作成する方法を説明します。GCE 仮想マシンインスタンスおよびその設定オプションの詳細は、Creating and starting a VM instance を参照してください。

手順

  1. GCP Console Dashboard ページ から、Google の Cloud Console バナー の左側にある ナビゲーション メニューをクリックし、Compute Engine を選択して イメージ を選択します。
  2. イメージを選択します。
  3. インスタンスの作成 をクリックします。
  4. インスタンスの作成 ページで、インスタンスの 名前 を入力します。
  5. 地域ゾーン を選択します。
  6. ワークロードの要件を満たす、もしくは超過する マシン設定 を選択します。
  7. ブートディスク にイメージ名が指定されていることを確認します。
  8. 必要に応じて、ファイアウォールHTTP トラフィックを許可する か、HTTPS トラフィックを許可する を選択します。
  9. 作成 をクリックします。

    注記

    これらは、基本インスタンスの作成に必要な最小限の設定オプションです。アプリケーション要件に応じて追加オプションを確認します。

  10. VM インスタンス にあるイメージを見つけます。
  11. GCP Console Dashboard から、Google の Cloud Console バナー の左側にある ナビゲーション メニューをクリックし、Compute Engine を選択してから 仮想マシンインスタンス を選択します。

    注記

    または、CLI コマンド gcloud compute instances create を使用して、イメージから GCE 仮想マシンインスタンスを作成することもできます。簡単な例を以下に示します。

    gcloud compute instances create myinstance3 --zone=us-central1-a --image test-iso2-image

    この例では、既存のイメージ test-iso2-image に基づいて、ゾーン us-central1-amyinstance3 という名前の仮想マシンインスタンスを作成します。詳細は、gcloud compute instances create を参照してください。

3.4.8. インスタンスへの接続

以下の手順に従って、そのパブリック IP アドレスを使用して GCE インスタンスに接続します。

手順

  1. 次のコマンドを実行して、インスタンスが実行されていることを確認します。このコマンドは、インスタンスが実行しているかどうかを示し、実行している場合は実行中のインスタンスのパブリック IP アドレスなど、GCE インスタンスに関する情報リストを表示します。

    # gcloud compute instances list
  2. 標準の SSH を使用してインスタンスに接続します。この例では、上述の手順で作成した google_compute_engine キーを使用します。

    # ssh -i ~/.ssh/google_compute_engine <user_name>@<instance_external_ip>
    注記

    GCP は、インスタンスに対して SSH を多数実行する方法を提供します。詳細は、Connecting to instances を参照してください。以前に設定した root アカウントおよびパスワードを使用して、インスタンスに接続することもできます。

3.4.9. Red Hat サブスクリプションの割り当て

subscription-manager コマンドを使用すると、Red Hat サブスクリプションを登録して RHEL インスタンスに割り当てることができます。

前提条件

  • サブスクリプションが有効になっている。

手順

  1. システムを登録します。

    # subscription-manager register --auto-attach
  2. サブスクリプションを割り当てます。

  3. オプション: Red Hat Hybrid Cloud Console でインスタンスに関するさまざまなシステムメトリクスを収集するには、インスタンスを Red Hat Insights に登録します。

    # insights-client register --display-name <display-name-value>

    Red Hat Insights の詳細な設定については、Red Hat Insights のクライアント設定ガイド を参照してください。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.