検索

14.3. 特定の条件に対する XFS 動作の設定

download PDF

この手順では、XFS が特定のエラー条件にどのように反応するかを設定します。

手順

  • 再試行の最大数、再試行時間制限、またはその両方を設定します。

    • 再試行の最大数を設定するには、必要な数を max_retries ファイルに書き込みます。

      # echo value > /sys/fs/xfs/device/error/metadata/condition/max_retries
    • 時間制限を設定するには、希望する秒数を retry_timeout_seconds ファイルに書き込みます。

      # echo value > /sys/fs/xfs/device/error/metadata/condition/retry_timeout_second

    value は、-1 から C 符号付き整数型の可能な最大値です。これは、64 ビットの Linux では 2147483647 です。

    いずれの制限も、-1 の値は継続的な再試行に使用され、0 は即座に停止するために使用されます。

    device は、/dev/ ディレクトリーにあるデバイス名です。たとえば、sda です。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.