検索

1.2. RHEL 9 レプリカのインストール

download PDF
  1. RHEL 8 環境に存在するサーバーのリストを表示します。

    [root@rhel8 ~]# ipa server-role-find --status enabled --server rhel8.example.com
    ----------------------
    3 server roles matched
    ----------------------
      Server name: rhel8.example.com
      Role name: CA server
      Role status: enabled
    
      Server name: rhel8.example.com
      Role name: DNS server
      Role status: enabled
    [... output truncated ...]
  2. (必要に応じて)rhel9.example.comrhel8.example.com が使用しているものと同じサーバーごとのフォワーダーを使用する場合は、rhel8.example.com のサーバーごとのフォワーダーを確認します。

    [root@rhel8 ~]# ipa dnsserver-show rhel8.example.com
    -----------------------------
    1 DNS server matched
    -----------------------------
      Server name: rhel8.example.com
      SOA mname: rhel8.example.com.
      Forwarders: 192.0.2.20
      Forward policy: only
    --------------------------------------------------
    Number of entries returned 1
    --------------------------------------------------
  3. IdM サーバーソフトウェアを rhel9.example.com にインストールして、RHEL 8 IdM サーバーのレプリカとして設定します (rhel8.example.com にあるすべてのサーバーロールを含む)。上記の例からロールをインストールするには、ipa-replica-install コマンドで以下のオプションを使用します。

    • --setup-ca: Certificate System コンポーネントを設定する
    • --setup-dns および --forwarder: 統合 DNS サーバーを設定し、IdM ドメインの外に出る DNS クエリーを処理するようにサーバーごとのフォワーダーを設定する

      注記

      また、IdM デプロイメントが Active Directory (AD) と信頼関係にある場合は、--setup-adtrust オプションを ipa-replica-install コマンドに追加し、rhel9.example.com に AD 信頼機能を設定します。

    • --ntp-server: NTP サーバーを指定する、または --ntp-pool: NTP サーバーのプールを指定する

      IP アドレスが 192.0.2.20 のサーバーごとのフォワーダーを使用し ntp.example.com NTP サーバーと同期する、IP アドレスが 192.0.2.1 の IdM サーバーを設定するには、次のコマンドを実行します。

      [root@rhel9 ~]# ipa-replica-install --setup-ca --ip-address 192.0.2.1 --setup-dns --forwarder 192.0.2.20 --ntp-server ntp.example.com

      DNS が正常に動作している場合は、rhel9.example.com が DNS 自動検出を使用してそれを見つけるため、RHEL 8 IdM サーバー自体を指定する必要はありません。

  4. (オプション) 外部 NTP 時刻サーバーの _ntp._udp サービス (SRV) レコードを、新たにインストールした IdM サーバーの DNS( rhel9.example.com ) に追加します。IdM DNS に時刻サーバーの SRV レコードが存在すると、今後 RHEL 9 のレプリカとクライアントインストールが rhel9.example.com で使用される時刻サーバーと同期するように自動的に設定されます。これは、--ntp-server または --ntp-pool オプションがインストールコマンドラインインターフェイス (CLI) で指定されていない限り、ipa-client-install_ntp._udp DNS エントリーを検索するためです。

検証

  1. IdM サービスが rhel9.example.com で実行されていることを確認します。

    [root@rhel9 ~]# ipactl status
    Directory Service: RUNNING
    [... output truncated ...]
    ipa: INFO: The ipactl command was successful
  2. rhel9.example.com のサーバーロールが rhel8.example.com の場合と同じであることを確認します。

    [root@rhel9 ~]# kinit admin
    [root@rhel9 ~]# ipa server-role-find --status enabled --server rhel9.example.com
    ----------------------
    2 server roles matched
    ----------------------
      Server name: rhel9.example.com
      Role name: CA server
      Role status: enabled
    
      Server name: rhel9.example.com
      Role name: DNS server
      Role status: enabled
  3. (オプション)rhel8.example.comrhel9.example.com 間のレプリカ合意の詳細を表示します。

    [root@rhel9 ~]# ipa-csreplica-manage list --verbose rhel9.example.com
    Directory Manager password:
    
    rhel8.example.com
    last init status: None
    last init ended: 1970-01-01 00:00:00+00:00
    last update status: Error (0) Replica acquired successfully: Incremental update succeeded
    last update ended: 2019-02-13 13:55:13+00:00
  4. (オプション)IdM デプロイメントが AD と信頼関係にある場合は、そのデプロイメントが機能していることを確認します。

    1. Kerberos 設定を確認します
    2. rhel9.example.com で AD ユーザーの解決を試みます。

      [root@rhel9 ~]# id aduser@ad.domain
  5. rhel9.example.comNTP サーバーと同期していることを確認します。

    [root@rhel8 ~]# chronyc tracking
    Reference ID    : CB00710F (ntp.example.com)
    Stratum         : 3
    Ref time (UTC)  : Wed Feb 16 09:49:17 2022
    [... output truncated ...]
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.