検索

8.2. pminfo を使用した XFS パフォーマンスメトリックの検証

download PDF

PCP は XFS PMDA を有効にして、マウントされた各 XFS ファイルシステムに対して特定の XFS メトリックの報告を可能にします。これにより、特定のマウントされたファイルシステムの問題を特定して、パフォーマンスを評価することが容易になります。

pminfo コマンドは、マウントされた各 XFS ファイルシステムの各デバイスに対する XFS メトリックを提供します。

この手順では、XFS PMDA が提供する利用可能なすべてのメトリックのリストを表示します。

前提条件

手順

  • XFS PMDA が提供する利用可能なメトリックのリストを表示します。

    # pminfo xfs
  • 個別のメトリックの情報を表示します。以下の例は、pminfo ツールを使用して、特定の XFS の read メトリックおよび write メトリックを検証します。

    • xfs.write_bytes メトリックの簡単な説明を表示します。

      # pminfo --oneline xfs.write_bytes
      
      xfs.write_bytes [number of bytes written in XFS file system write operations]
    • xfs.read_bytes メトリックの長い説明を表示します。

      # pminfo --helptext xfs.read_bytes
      
      xfs.read_bytes
      Help:
      This is the number of bytes read via read(2) system calls to files in
      XFS file systems. It can be used in conjunction with the read_calls
      count to calculate the average size of the read operations to file in
      XFS file systems.
    • xfs.read_bytes メトリックの現在のパフォーマンス値を取得します。

      # pminfo --fetch xfs.read_bytes
      
      xfs.read_bytes
          value 4891346238
    • pminfo で、デバイスごとの XFS メトリックを取得します。

      # pminfo --fetch --oneline xfs.perdev.read xfs.perdev.write
      
      xfs.perdev.read [number of XFS file system read operations]
      inst [0 or "loop1"] value 0
      inst [0 or "loop2"] value 0
      
      xfs.perdev.write [number of XFS file system write operations]
      inst [0 or "loop1"] value 86
      inst [0 or "loop2"] value 0
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.