検索

38.8. 翻訳されたバッファーサイズのページサイズの影響

download PDF

ページテーブルからアドレスマッピングを読み取るのは、非常に時間がかかり、リソースの負荷が高くなります。そのため、CPU は、トランスレーションルックアサイドバッファー (TLB: Translation Lookaside Buffer) と呼ばれる、最近使用されたアドレスのキャッシュで構築されます。ただし、デフォルトの TLB は、特定のアドレスマッピングのみをキャッシュできます。

要求されたアドレスマッピングが TLB ミスと呼ばれる TLB にない場合、システムはページテーブルを読み込んで、物理から仮想アドレスへのマッピングを判断する必要があります。アプリケーションメモリー要件と、アドレスマッピングのキャッシュに使用されるページサイズ間の関係により、メモリー要件が高いアプリケーションは、最小限であるアプリケーションと比べて、TLB ミスによるパフォーマンスの低下の影響が高くなる可能性があります。したがって、可能であれば TLB ミスを回避するためには重要です。

HugeTLB 機能と Transparent Huge Page 機能の両方を使用すると、アプリケーションは 4 KB よりも大きなページを使用できます。これにより、TLB に保存されているアドレスはより多くのメモリーを参照できます。これにより、TLB ミスが軽減され、アプリケーションのパフォーマンスが向上します。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.