検索

33.8. リソース消費の監視

download PDF

現在実行中のコントロールグループ (cgroups) とそのリソース消費のリストをリアルタイムで表示します。

手順

  1. systemd-cgtop コマンドを使用して、現在実行中の cgroups の動的アカウントを表示します。

    # systemd-cgtop
    Control Group                            Tasks   %CPU   Memory  Input/s Output/s
    /                                          607   29.8     1.5G        -        -
    /system.slice                              125      -   428.7M        -        -
    /system.slice/ModemManager.service           3      -     8.6M        -        -
    /system.slice/NetworkManager.service         3      -    12.8M        -        -
    /system.slice/accounts-daemon.service        3      -     1.8M        -        -
    /system.slice/boot.mount                     -      -    48.0K        -        -
    /system.slice/chronyd.service                1      -     2.0M        -        -
    /system.slice/cockpit.socket                 -      -     1.3M        -        -
    /system.slice/colord.service                 3      -     3.5M        -        -
    /system.slice/crond.service                  1      -     1.8M        -        -
    /system.slice/cups.service                   1      -     3.1M        -        -
    /system.slice/dev-hugepages.mount            -      -   244.0K        -        -
    /system.slice/dev-mapper-rhel\x2dswap.swap   -      -   912.0K        -        -
    /system.slice/dev-mqueue.mount               -      -    48.0K        -        -
    /system.slice/example.service                2      -     2.0M        -        -
    /system.slice/firewalld.service              2      -    28.8M        -        -
    ...

    この出力例では、現在実行中の cgroups が、リソースの使用状況 (CPU、メモリー、ディスク I/O 負荷) 別に表示されています。デフォルトでは 1 秒ごとにリストが更新されます。そのため、コントロールグループごとに、実際のリソースの使用状況について動的な見解が得られるようになります。

関連情報

  • systemd-cgtop(1) manual page
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.