検索

30.8. 優先順位マップ

download PDF

優先度はグループで定義され、特定のカーネル機能専用のグループもあります。リアルタイムスケジューリングポリシーでは、1 (最も低い優先度) から 99 (最も高い優先度) までの整数を使用できます。

次の表は、プロセスのスケジューリングポリシーを設定する際に使用できる優先度の範囲を示しています。

表30.2 優先度範囲の説明
優先度Threads説明

1

優先度の低いカーネルスレッド

通常、この優先度は SCHED_OTHER よりは優先度の高いタスク用に予約されます。

2 - 49

利用可能

標準的なアプリケーションの優先度に使用される範囲。

50

デフォルトの IRQ 値

 

51 - 98

優先度の高いスレッド

この範囲は、定期的に実行されるスレッドと、迅速な応答時間に使用します。CPU にバインドされたスレッドには割り込みが必要になるため、この範囲を使用しないでください。

99

ウォッチドッグおよび移行

最も高い優先順位で実行される必要があるシステムスレッド。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.