検索

35.3. cgroups-v1 のマウント

download PDF

RHEL 9 は、システムの起動プロセス中に、デフォルトで cgroup-v2 仮想ファイルシステムをマウントします。cgroup-v1 機能を使用してアプリケーションのリソースを制限するには、システムを手動で設定します。

注記

cgroup-v1cgroup-v2 の両方がカーネルで完全に有効になっている。カーネルから見た場合、デフォルトのコントロールグループバージョンはありません。また、システムの起動時にマウントするかどうかは、systemd により決定します。

前提条件

  • root 権限がある。

手順

  1. systemd システムおよびサービスマネージャーによるシステムブート中に、デフォルトで cgroups-v1 をマウントするようにシステムを設定します。

    # grubby --update-kernel=/boot/vmlinuz-$(uname -r) --args="systemd.unified_cgroup_hierarchy=0 systemd.legacy_systemd_cgroup_controller"

    これにより、必要なカーネルコマンドラインパラメーターが現在のブートエントリーに追加されます。

    すべてのカーネルブートエントリーに同じパラメーターを追加するには:

    # grubby --update-kernel=ALL --args="systemd.unified_cgroup_hierarchy=0 systemd.legacy_systemd_cgroup_controller"
  2. システムを再起動して、変更を有効にします。

検証

  1. 必要に応じて、cgroups-v1 ファイルシステムがマウントされていることを確認します。

    # mount -l | grep cgroup
    tmpfs on /sys/fs/cgroup type tmpfs (ro,nosuid,nodev,noexec,seclabel,size=4096k,nr_inodes=1024,mode=755,inode64)
    cgroup on /sys/fs/cgroup/systemd type cgroup (rw,nosuid,nodev,noexec,relatime,seclabel,xattr,release_agent=/usr/lib/systemd/systemd-cgroups-agent,name=systemd)
    cgroup on /sys/fs/cgroup/perf_event type cgroup (rw,nosuid,nodev,noexec,relatime,seclabel,perf_event)
    cgroup on /sys/fs/cgroup/cpu,cpuacct type cgroup (rw,nosuid,nodev,noexec,relatime,seclabel,cpu,cpuacct)
    cgroup on /sys/fs/cgroup/pids type cgroup (rw,nosuid,nodev,noexec,relatime,seclabel,pids)
    cgroup on /sys/fs/cgroup/cpuset type cgroup (rw,nosuid,nodev,noexec,relatime,seclabel,cpuset)
    cgroup on /sys/fs/cgroup/net_cls,net_prio type cgroup (rw,nosuid,nodev,noexec,relatime,seclabel,net_cls,net_prio)
    cgroup on /sys/fs/cgroup/hugetlb type cgroup (rw,nosuid,nodev,noexec,relatime,seclabel,hugetlb)
    cgroup on /sys/fs/cgroup/memory type cgroup (rw,nosuid,nodev,noexec,relatime,seclabel,memory)
    cgroup on /sys/fs/cgroup/blkio type cgroup (rw,nosuid,nodev,noexec,relatime,seclabel,blkio)
    cgroup on /sys/fs/cgroup/devices type cgroup (rw,nosuid,nodev,noexec,relatime,seclabel,devices)
    cgroup on /sys/fs/cgroup/misc type cgroup (rw,nosuid,nodev,noexec,relatime,seclabel,misc)
    cgroup on /sys/fs/cgroup/freezer type cgroup (rw,nosuid,nodev,noexec,relatime,seclabel,freezer)
    cgroup on /sys/fs/cgroup/rdma type cgroup (rw,nosuid,nodev,noexec,relatime,seclabel,rdma)

    さまざまな cgroup-v1 コントローラーに対応する cgroups-v1 ファイルシステムが、/sys/fs/cgroup/ ディレクトリーに正常にマウントされました。

  2. 必要に応じて、/sys/fs/cgroup/ ディレクトリーの内容を確認します。

    # ll /sys/fs/cgroup/
    dr-xr-xr-x. 10 root root  0 Mar 16 09:34 blkio
    lrwxrwxrwx.  1 root root 11 Mar 16 09:34 cpu  cpu,cpuacct
    lrwxrwxrwx.  1 root root 11 Mar 16 09:34 cpuacct  cpu,cpuacct
    dr-xr-xr-x. 10 root root  0 Mar 16 09:34 cpu,cpuacct
    dr-xr-xr-x.  2 root root  0 Mar 16 09:34 cpuset
    dr-xr-xr-x. 10 root root  0 Mar 16 09:34 devices
    dr-xr-xr-x.  2 root root  0 Mar 16 09:34 freezer
    dr-xr-xr-x.  2 root root  0 Mar 16 09:34 hugetlb
    dr-xr-xr-x. 10 root root  0 Mar 16 09:34 memory
    dr-xr-xr-x.  2 root root  0 Mar 16 09:34 misc
    lrwxrwxrwx.  1 root root 16 Mar 16 09:34 net_cls  net_cls,net_prio
    dr-xr-xr-x.  2 root root  0 Mar 16 09:34 net_cls,net_prio
    lrwxrwxrwx.  1 root root 16 Mar 16 09:34 net_prio  net_cls,net_prio
    dr-xr-xr-x.  2 root root  0 Mar 16 09:34 perf_event
    dr-xr-xr-x. 10 root root  0 Mar 16 09:34 pids
    dr-xr-xr-x.  2 root root  0 Mar 16 09:34 rdma
    dr-xr-xr-x. 11 root root  0 Mar 16 09:34 systemd

    /sys/fs/cgroup/ ディレクトリーは、デフォルトでは root control group とも呼ばれ、cpuset などのコントローラー固有のディレクトリーが含まれています。さらに、systemd に関連するディレクトリーがいくつかあります。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.