検索

9.9. PCP コンポーネント間の認証の設定

download PDF

Simple Authentication Security Layer (SASL) フレームワークを介して PCP によってサポートされる scram-sha-256 認証メカニズムを使用して認証を設定できます。

手順

  1. scram-sha-256 認証メカニズムの sasl フレームワークをインストールします。

    # dnf install cyrus-sasl-scram cyrus-sasl-lib
  2. pmcd.conf ファイルに、サポートされている認証メカニズムとユーザーデータベースのパスを指定します。

    # vi /etc/sasl2/pmcd.conf
    
    mech_list: scram-sha-256
    
    sasldb_path: /etc/pcp/passwd.db
  3. 新しいユーザーを作成します。

    # useradd -r metrics

    metrics をユーザー名に置き換えます。

  4. 作成したユーザーをユーザーデータベースに追加します。

    # saslpasswd2 -a pmcd metrics
    
    Password:
    Again (for verification):

    作成したユーザーを追加するには、メトリック アカウントのパスワードを入力する必要があります。

  5. ユーザーデータベースのパーミッションを設定します。

    # chown root:pcp /etc/pcp/passwd.db
    # chmod 640 /etc/pcp/passwd.db
  6. pmcd サービスを再起動します。

    # systemctl restart pmcd

検証手順

  • sasl 設定を確認します。

    # pminfo -f -h "pcp://127.0.0.1?username=metrics" disk.dev.read
    Password:
    disk.dev.read
    inst [0 or "sda"] value 19540

関連情報

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.