検索

4.5. metrics RHEL システムロールを使用して、ローカルマシンからマシン群を集中的に監視する

download PDF

この手順では、メトリクス システムロールを使用してローカルマシンを設定し、マシン群を一元的に監視するとともに、Grafana によるデータの視覚化をプロビジョニングし、Redis によりデータをクエリーする方法について説明します。

前提条件

  • 制御ノードと管理ノードを準備している
  • 管理対象ノードで Playbook を実行できるユーザーとしてコントロールノードにログインしている。
  • 管理対象ノードへの接続に使用するアカウントに、そのノードに対する sudo 権限がある。
  • localhost がコントロールノードのインベントリーファイルで設定されている。

    localhost ansible_connection=local

手順

  1. 次の内容を含む Playbook ファイル (例: ~/playbook.yml) を作成します。

    - name: Set up your local machine to centrally monitor a fleet of machines
      hosts: localhost
      roles:
        - rhel-system-roles.metrics
      vars:
        metrics_graph_service: yes
        metrics_query_service: yes
        metrics_retention_days: 10
        metrics_monitored_hosts: ["database.example.com", "webserver.example.com"]
        metrics_manage_firewall: yes
        metrics_manage_selinux: yes

    metrics_graph_service および metrics_query_service のブール値は value="yes" に設定されているため、grafana は、redis にインデックス化された pcp データの記録のあるデータソースとして追加された pcp で自動的にインストールおよびプロビジョニングされます。これにより、pcp クエリー言語をデータの複雑なクエリーに使用できます。metrics_manage_firewallmetrics_manage_selinux は両方とも true に設定されているため、metrics ロールは firewall ロールと selinux ロールを使用して、metrics ロールが使用するポートを管理します。

  2. Playbook の構文を検証します。

    $ ansible-playbook --syntax-check ~/playbook.yml

    このコマンドは構文を検証するだけであり、有効だが不適切な設定から保護するものではないことに注意してください。

  3. Playbook を実行します。

    $ ansible-playbook ~/playbook.yml

検証

  • マシンによって一元的に収集されるメトリクスのグラフィック表示とデータのクエリーを行うには、Grafana Web UI へのアクセス で説明されているように、grafana Web インターフェイスにアクセスします。

関連情報

  • /usr/share/ansible/roles/rhel-system-roles.metrics/README.md ファイル
  • /usr/share/doc/rhel-system-roles/metrics/ ディレクトリー
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.