検索

3.2. アップグレードのための Satellite 登録システムの準備

download PDF

この手順では、RHEL 9 へのアップグレードに向け、Satellite に登録されているシステムを準備するために必要な手順について説明します。Satellite Server では以下の手順を実行します。

重要

Satellite システムのユーザーは、この手順と アップグレードに向けた RHEL 8 システムの準備 の両方で説明されている準備手順を完了する必要があります。

前提条件

  • Satellite Server の管理者権限がある。

手順

  1. Satellite は、フルサポートまたはメンテナンスサポートがあるバージョンです。詳細は、Red Hat Satellite の製品ライフサイクル を参照してください。
  2. RHEL 9 リポジトリーが含まれるサブスクリプションマニフェストを Satellite Server にインポートします。詳細は、Red Hat Satellite の特定のバージョン (バージョン 6.12 など) のコンテンツ管理ガイドの Red Hat サブスクリプションの管理の章を参照してください。
  3. Satellite Server で必要なすべての RHEL 8 および RHEL 9 リポジトリーを有効にし、ソースおよびターゲット OS バージョンの最新の更新と同期します。必要なリポジトリーはコンテンツビューで利用可能であり、関連付けられたアクティベーションキーで有効になっている必要があります。

    注記

    RHEL 9 リポジトリーの場合は、各リポジトリーのターゲット OS バージョン (RHEL 9.4 など) を有効にします。RHEL 9 バージョンのリポジトリーのみを有効にした場合は、インプレースアップグレードは行われません。

    たとえば、延長更新サポート (EUS) サブスクリプションがない Intel アーキテクチャーの場合は、少なくとも以下のリポジトリーを有効にします。

    • Red Hat Enterprise Linux 8 for x86_64 - AppStream (RPMs)

      rhel-8-for-x86_64-appstream-rpms

      x86_64 <source_os_version>

    • Red Hat Enterprise Linux 8 for x86_64 - BaseOS (RPMs)

      rhel-8-for-x86_64-baseos-rpms

      x86_64 <source_os_version>

    • Red Hat Enterprise Linux 9 for x86_64 - AppStream (RPMs)

      rhel-9-for-x86_64-appstream-rpms

      x86_64 <target_os_version>

    • Red Hat Enterprise Linux 9 for x86_64 - BaseOS (RPMs)

      rhel-9-for-x86_64-baseos-rpms

      x86_64 <target_os_version>

      <source_os_version><target_os_version> は、それぞれソース OS バージョンとターゲット OS バージョン (たとえば、8.10 と 9.4) に置き換えます。

      その他のアーキテクチャーについては、RHEL 8 リポジトリー および RHEL 9 リポジトリー を参照してください。

      詳細は、Red Hat Satellite の特定のバージョン (バージョン 6.12 など) の コンテンツ管理ガイドコンテンツのインポート の章を参照してください。

  4. 必要な RHEL 8 リポジトリーおよび RHEL 9 リポジトリーを含むコンテンツビューに、コンテンツホストをアタッチします。

    詳細は、Red Hat Satellite の特定のバージョン (バージョン 6.12 など) の コンテンツ管理ガイドコンテンツビューの管理 の章を参照してください。

検証

  1. 正しい RHEL 8 リポジトリーおよび RHEL 9 リポジトリーが Satellite Server の正しいコンテンツビューに追加されていることを確認します。

    1. Satellite Web UI で、Content > Lifecycle > Content Views に移動して、コンテンツビューの名前をクリックします。
    2. Repositories タブをクリックし、リポジトリーが期待どおりに表示されることを確認します。

      注記

      以下のコマンドを使用して、リポジトリーがコンテンツビューに追加されていることを確認することもできます。

      # hammer repository list --search 'content_label ~ rhel-8' --content-view <content_view_name> --organization <organization> --lifecycle-environment <lifecycle_environment>
      # hammer repository list --search 'content_label ~ rhel-9' --content-view <content_view_name> --organization <organization> --lifecycle-environment <lifecycle_environment>

      <content_view_name> をコンテンツビューの名前に、<organization> を組織に、<lifecycle_environment> をライフサイクル環境の名前に置き換えます。

  2. コンテンツビューに関連付けられたアクティベーションキーで、正しい RHEL 9 リポジトリーが有効になっていることを確認します。

    1. Satellite Web UI で、Content > Lifecycle > Activation Keys に移動し、アクティベーションキーの名前をクリックします。
    2. Repository Sets タブをクリックし、必要なリポジトリーのステータスが Enabled であることを確認します。
  3. .予想されるすべての RHEL 8 リポジトリーがホストで有効になっていることを確認します。以下に例を示します。

    # subscription-manager repos --list-enabled | grep "^Repo ID"
    Repo ID:   rhel-8-for-x86_64-baseos-rpms
    Repo ID:   rhel-8-for-x86_64-appstream-rpms
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.