検索

第4章 アプリケーションのチューニングとデプロイメント

download PDF
本章では、Red Hat Enterprise Linux for Real Time アプリケーションを拡張し、開発するためのヒントを紹介します。

注記

通常、POSIX (Portable Operating System Interface) の定義 API の使用を試みます。Red Hat Enterprise Linux for Real Time は POSIX 標準に準拠しており、Red Hat Enterprise Linux for Real Time カーネルにおけるレイテンシーの軽減も POSIX に基づいています。
詳細はこちら

独自の Red Hat Enterprise Linux for Real Time アプリケーションの開発に関する詳細をお読みいただくには、RTW の記事をお読みください。

4.1. リアルタイムアプリケーションでのシグナル処理

従来の UNIX および POSIX シグナルには、特にエラー処理に使用されますが、リアルタイムアプリケーションでイベント配信メカニズムとしての使用には適していません。これは、レガシー動作やサポートが必要な API の複数であるため、現在の Linux カーネルシグナル処理コードは非常に複雑です。この複雑さは、シグナルの配信時に取得されるコードパスが常に最適とは限らず、アプリケーションで非常に長いレイテンシーが発生する可能性があることを意味します。
UNIX™ シグナルの元の目的は、実行の異なるスレッド間の 1 つの制御スレッド (プロセス) を多重化することでした。シグナルはオペレーティングシステムの割り込みのように動作します。シグナルがアプリケーションに配信されると、アプリケーションのコンテキストが保存され、以前に登録されたシグナルハンドラーの実行が開始します。シグナルハンドラーが完了すると、アプリケーションはシグナルの配信時の場所に戻ります。これにより、実際には複雑になる可能性があります。
シグナルは、リアルタイムアプリケーションで信頼するには非決定論ではありません。POSIX スレッド (pthreads) を使用してワークロードを分散し、さまざまなコンポーネント間の通信を行うことが望ましいオプションです。mutex、条件変数、バリアの pthreads メカニズムを使用してスレッドのグループは調整でき、比較的新しいコンストラクトを経由したコードパスが、シグナルのレガシー処理コードよりもはるかにクリーンであることを確認できます。
詳細はこちら

詳細は、以下のリンクは本セクションに記載の情報に関連しています。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.