検索

第2章 一般的なシステムチューニング

download PDF
本章では、Red Hat Enterprise Linux の標準的なインストールで実行できる一般的なチューニングについて説明します。これは、Red Hat Enterprise Linux for Real Time カーネルの利点をより効果的に確認するために、最初に実行されることが重要です。
これらのセクションを最初に読み込むことが推奨されます。これらはチューニングパラメーターの変更方法についての背景情報が含まれ、本ガイドで他のタスクを実行するのに役に立ちます。
チューニングを開始する準備が整ったら、まず以下のステップを実施すると、最高の利点が得られます。
本章のすべてのチューニング提案が完了したら、3章リアルタイム固有のチューニング に進みます。

2.1. Tuna インターフェースの使用

本ガイドでは、Red Hat Enterprise Linux for Real Time カーネルを直接調整する手順を記載しています。Tuna インターフェースは、変更を支援するツールです。グラフィカルインターフェースがあるか、コマンドシェルから実行できます。
Tuna を使用すると、スケジューリングポリシー、スケジューラーの優先度、プロセッサーアフィニティーなどのスレッドおよび割り込みの属性 (プロセッサーアフィニティー) を変更できます。このツールは、実行中のシステムでの使用を目的として設計されており、直ちに変更が行われます。これにより、アプリケーション固有の測定ツールは、変更の直後にシステムパフォーマンスを確認および分析できます。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.