検索

第5章 詳細情報

download PDF

5.1. バグの報告

バグの診断

バグレポートを作成する前に、以下の手順に従って、問題発生場所を診断します。これにより、問題解決に大きくサポートします。

  1. 最新バージョンの Red Hat Enterprise Linux 7 カーネルがあることを確認してから、GRUB メニューから起動します。問題を標準カーネルで再現してみてください。問題が解決しない場合は、Red Hat Enterprise Linux 7 にバグを報告してください。
  2. 標準カーネルの使用時に問題が発生しなかった場合は、Red Hat Enterprise Linux for Real Time 固有の機能拡張 Red Hat がベースライン (3.10.0) カーネルに適用したバグにより、バグにより変更が加えられる可能性があります。
バグの報告

バグが Red Hat Enterprise Linux for Real Time に固有であると判断した場合は、以下の手順に従ってバグレポートを入力します。

  1. Bugzilla アカウントがまだない場合には作成します。
  2. Enter A New Bug Report をクリックします。必要な場合はログインします。
  3. Red Hat 分類を選択します。
  4. Red Hat Enterprise Linux 7 製品を選択します。
  5. カーネルの問題である場合は、コンポーネントとして kernel-rt を入力します。それ以外の場合は、trace-cmd などの影響を受けるユーザー空間コンポーネントの名前を入力します。
  6. 問題を詳細に説明して、バグ情報の入力を継続します。問題の説明を入力する際には、標準の Red Hat Enterprise Linux 7 カーネルで問題を再現できるかどうかの詳細情報が含まれるようにします。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.