検索

2.5. ファイルシステムの決定的ヒント

download PDF
ジャーナルの変更が到達する順番は、実際にディスクに書き込まれる順序で行われないことがあります。カーネル I/O システムには、ジャーナルの変更の順序を変更するオプションがあります。通常、利用可能なストレージ領域を最大限に活用してみてください。ジャーナルアクティビティーは、ジャーナルの変更の順序を変更し、データとメタデータをコミットすることで、レイテンシーが生じます。多くの場合、ジャーナリングファイルシステムは、システムのダウン速度を低下させる方法で実行できます。
Red Hat Enterprise Linux 7 によって使用されるデフォルトのファイルシステムは、xfs というジャーナリングファイルシステムです。ext2 という、より前のファイルシステムでは、ジャーナリングは使用 されません。組織が特にジャーナリングを必要とする場合を除き、ext2 の使用を検討してください。ほとんどのベンチマーク結果の多くは、ext2 ファイルシステムを使用し、初期チューニングの推奨事項の 1 つを検討します。
ファイルが最後にアクセスされた時間 (atime) の xfs 記録のようなジャーナリングファイルシステム。ext2 の使用がお使いのシステムで最適ではない場合は、xfsatime を無効にすることを検討してください。atime を無効にするとパフォーマンスが向上し、ファイルシステムジャーナルへの書き込み回数を制限することで電力使用量が減少します。

手順2.7 atime の無効化

  1. 選択したテキストエディターを使用して /etc/fstab ファイルを開き、ルートマウントポイントのエントリーを見つけます。
    /dev/mapper/rhel-root       /       xfs    defaults…
    
  2. オプションセクションを編集して用語 noatime および nodiratime を含めます。noatime は、ファイルの読み込み時にアクセスタイムスタンプが更新されないようにし、nodiratime はディレクトリーの inode アクセス時間の更新を停止します。
    /dev/mapper/rhel-root       /       xfs    noatime,nodiratime…
    

    重要

    アプリケーションによっては、更新に依存する atime ものもあります。したがって、このオプションは、このようなアプリケーションが使用されていないシステムでのみ妥当です。
    relatime マウントオプションを使用するとで、アクセス時間が現在の変更時間よりも前のアクセス時間よりも古い場合にのみ更新されるようにできます。
関連する man ページ

詳細は、以下の man ページは本セクションに記載の情報に関連しています。

  • mkfs.ext2(8)
  • mkfs.xfs(8)
  • mount(8): atimenodiratime および noatime の情報
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.