検索

3.6. 非非統合メモリーアクセス

download PDF
NUMA (Non-Uniform Memory Access) は、メモリーリソースを特定の CPU に割り当てるために使用される設計です。これにより、アクセス時間を改善し、メモリーロックが少なくなる可能性があります。これは、レイテンシーを短縮するのに便利なように見えますが、NUMA システムは予期せぬイベントのレイテンシーを引き起こす可能性があるため、リアルタイムアプリケーションと適切に対話することが知られています。
手順2.6「taskset ユーティリティーを使用してプロセスの CPU にバインド」 で説明したように、taskset ユーティリティーは CPU のアフィニティーでのみ機能し、メモリーノードなどの他の NUMA リソースについては認識しません。NUMA と組み合わせてプロセスバインディングを実行する場合は、taskset の代わりに numactl コマンドを使用します。
NUMA API の詳細は、Andi Kleen のホワイトペーパー An NUMA API for Linux を参照してください。
関連する man ページ

詳細は、以下の man ページは本セクションに記載の情報に関連しています。

  • numactl(8)
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.