検索

2.2. 永続的なチューニングパラメーターの設定

download PDF
本書には、カーネルチューニングパラメーターを指定する方法の例を多数記載しています。指定がない限り、システムを再起動するか、または明示的に変更するまで、パラメーターは有効のままになります。この方法は、初期チューニング設定を確立するために有効です。
システムに対するチューニング設定の機能を決定したら、システムを再起動しても持続させることができます。指定する方法は、設定するパラメーターの種類によって異なります。

手順2.1 /etc/sysctl.conf ファイルの編集

/proc/sys/ で始まるパラメーターを /etc/sysctl.conf ファイルに含めると、パラメーターが永続化されます。
  1. 選択したテキストエディターで /etc/sysctl.conf ファイルを開きます。
  2. コマンドから /proc/sys/ プレフィックスを削除し、中央の / 文字を . 文字に置き換えます。
    たとえば、コマンド echo 0 > /proc/sys/kernel/hung_task_panickernel.hung_task_panic になります。
  3. 必要なパラメーターで新規エントリーを /etc/sysctl.conf ファイルに挿入します。
    # Enable gettimeofday(2)
    kernel.hung_task_panic = 0
    
  4. # sysctl -p を実行して、新しい設定で更新します。
    ~]# sysctl -p
    ...[output truncated]...
    kernel.hung_task_panic = 0
    

手順2.2 /etc/rc.d/rc.local ファイルの編集

警告

/etc/rc.d/rc.local メカニズムは、実稼働環境の起動コードには使用しないでください。SysV Init の起動スクリプトの保持日であり、systemd サービスにより実行されます。順序や依存関係を制御する方法がないため、起動コードのテストにのみ使用してください。
  1. 手順2.1「/etc/sysctl.conf ファイルの編集」 の手順に従ってコマンドを調整します。
  2. 必要なパラメーターで新規エントリーを /etc/rc.d/rc.local ファイルに挿入します。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.