検索

このコンテンツは選択した言語では利用できません。

Preface

download PDF

You can install and operate Fuse Online on-site on OpenShift Container Platform (OCP). When Fuse Online is running on-site, additional features are available beyond the features that are provided when Fuse Online is managed by Red Hat and running on OpenShift Online or on OpenShift Dedicated.

The term on-site means a customer-managed environment; Red Hat is not managing the Fuse Online environment. A customer-managed environment can be on-premise, in the cloud, or in a hybrid cloud.

Each installation of Fuse Online is referred to as a Fuse Online environment. In a given OpenShift project, there can be exactly one Fuse Online environment. Each Fuse Online environment has its own URL. In a single OpenShift cluster, there can be multiple Fuse Online environments.

See the following topics for details:

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.