検索

17.9. デフォルトの Welcome Web アプリケーションの設定

download PDF

JBoss EAP には、デフォルトではポート 8080 のルートコンテキストで表示されるデフォルトの Welcome アプリケーションが含まれます。

Undertow には、Welcome コンテンツに対応するデフォルトのサーバーが事前設定されています。

デフォルトの Undertow サブシステムの設定

<subsystem xmlns="urn:jboss:domain:undertow:10.0" default-server="default-server" default-virtual-host="default-host" default-servlet-container="default" default-security-domain="other">
    ...
    <server name="default-server">
        <http-listener name="default" socket-binding="http" redirect-socket="https" enable-http2="true"/>
        <https-listener name="https" socket-binding="https" security-realm="ApplicationRealm" enable-http2="true"/>
        <host name="default-host" alias="localhost">
            <location name="/" handler="welcome-content"/>
            <http-invoker security-realm="ApplicationRealm"/>
        </host>
    </server>
    ...
    <handlers>
        <file name="welcome-content" path="${jboss.home.dir}/welcome-content"/>
    </handlers>
</subsystem>

デフォルトのサーバー default-server にはデフォルトのホスト default-host が設定されています。デフォルトのホストは、welcome-content ファイルハンドラーで <location> 要素を使用して、サーバーのルートへのリクエストを処理するよう設定されています。welcome-content ハンドラーは path プロパティーに指定された場所でコンテンツを処理します。

このデフォルトの Welcome アプリケーションは、独自の Web アプリケーションで置き換えることができます。これは、以下の 2 つのいずれかの方法で設定できます。

Welcome コンテンツを無効に することもできます。

welcome-content ファイルハンドラーの変更

  1. 新しいデプロイメントを参照する、既存の welcome-content ファイルハンドラーのパスを変更します。

    /subsystem=undertow/configuration=handler/file=welcome-content:write-attribute(name=path,value="/path/to/content")
    注記

    または、サーバーのルートにより使用される異なるファイルハンドラーを作成することもできます。

    /subsystem=undertow/configuration=handler/file=NEW_FILE_HANDLER:add(path="/path/to/content")
    /subsystem=undertow/server=default-server/host=default-host/location=\/:write-attribute(name=handler,value=NEW_FILE_HANDLER)
  2. 変更を反映するためにサーバーをリロードします。

    reload

default-web-module の変更

  1. デプロイされた Web アプリケーションをサーバーのルートにマップします。

    /subsystem=undertow/server=default-server/host=default-host:write-attribute(name=default-web-module,value=hello.war)
  2. 変更を反映するためにサーバーをリロードします。

    reload

デフォルトの Welcome Web アプリケーションの無効化

  1. default-hostlocation エントリー (/) を削除して welcome アプリケーションを無効にします。

    /subsystem=undertow/server=default-server/host=default-host/location=\/:remove
  2. 変更を反映するためにサーバーをリロードします。

    reload
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.