検索

15.2. JTS の ORB の設定

download PDF

JBoss EAP のデフォルトインストールでは、トランザクションの ORB (Object Request Broker: オブジェクトリクエストブローカー) のサポートが無効になっています。管理 CLI または管理コンソールを使用して iiop-openjdk サブシステムの ORB を設定できます。

注記

iiop-openjdk サブシステムを利用できるのは、管理対象ドメインで full または full-ha プロファイルを使用している場合や、スタンドアロンサーバーの standalone-full.xml または standalone-full-ha.xml 設定ファイルを使用している場合です。

iiop-openjdk サブシステムで使用できる設定オプションの一覧は、IIOP サブシステムの属性 を参照してください。

管理 CLI を使用した ORB の設定

管理 CLI を使用して ORB を設定できます。これは、JTS と使用するために行う ORB の最低限の設定です。

以下の管理対象ドメインの管理 CLI コマンドは、full プロファイルを使用して設定できます。必要な場合は設定に応じてプロファイルを変更してください。スタンドアロンサーバーを使用している場合は、コマンドの /profile=full 部分を省略してください。

セキュリティーインターセプターの有効化

値を identity に設定し、security 属性を有効にします。

/profile=full/subsystem=iiop-openjdk:write-attribute(name=security,value=identity)
IIOP サブシステムでのトランザクションの有効化

JTS に対して ORB を有効にするには、transactions 属性の値をデフォルトの spec ではなく full に設定します。

/profile=full/subsystem=iiop-openjdk:write-attribute(name=transactions, value=full)
Transactions サブシステムでの JTS の有効化
/profile=full/subsystem=transactions:write-attribute(name=jts,value=true)
注記

JTS をアクティベートするにはリロードでは不十分なため、サーバーを再起動する必要があります。

管理コンソールを使用した ORB の設定

  1. 管理コンソールの上部で、Configuration タブを選択します。管理対象ドメインを使用する場合は、変更するプロファイルを選択する必要があります。
  2. Subsystems IIOP (OpenJDK) と選択し、表示 をクリックします。
  3. 編集 をクリックし、必要に応じて属性を変更します。
  4. 保存 をクリックして変更を保存します。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.