検索

10.2. カスタムトランスポートの設定

download PDF

POP3 や IMAP などの標準のメールサーバーを使用している場合、メールサーバーには定義できる属性のセットがあります。これらの属性の一部は必須です。最も重要な属性はアウトバウンドメールソケットバインディングの参照である outbound-socket-binding-ref で、ホストアドレスとポート番号で定義されます。

outbound-socket-binding-ref の定義は、負荷分散の目的でホスト設定に複数のホストを使用するユーザーにとっては最も効率的なソリューションではない場合があります。標準の Jakarta Mail は負荷分散のために複数のホストを使用するホスト設定をサポートしません。そのため、複数のホストを使用するこの設定を持つユーザーはカスタムメールトランスポートを実装する必要があります。カスタムメールトランスポートは outbound-socket-binding-ref を必要とせず、カスタムのホストプロパティー形式を許可します。

カスタムのメールトランスポートは管理 CLI から設定できます。

  1. 新しいメールセッションを追加し、JNDI 名を指定します。

    /subsystem=mail/mail-session=mySession:add(jndi-name=java:jboss/mail/MySession)
  2. アウトバウンドソケットバインディングを追加し、ホストとポートを指定します。

    /socket-binding-group=standard-sockets/remote-destination-outbound-socket-binding=my-smtp-binding:add(host=localhost, port=25)
  3. SMTP サーバーを追加し、アウトバウンドソケットバインディング、ユーザー名、およびパスワードを指定します。

    /subsystem=mail/mail-session=mySession/server=smtp:add(outbound-socket-binding-ref=my-smtp-binding, username=user, password=pass, tls=true)
注記

同様の手順で POP3 または IMAP サーバーを設定できます。

POP3 サーバー

/socket-binding-group=standard-sockets/remote-destination-outbound-socket-binding=my-pop3-binding:add(host=localhost, port=110)
/subsystem=mail/mail-session=mySession/server=pop3:add(outbound-socket-binding-ref=my-pop3-binding, username=user, password=pass)

IMAP サーバー

/socket-binding-group=standard-sockets/remote-destination-outbound-socket-binding=my-imap-binding:add(host=localhost, port=143)
/subsystem=mail/mail-session=mySession/server=imap:add(outbound-socket-binding-ref=my-imap-binding, username=user, password=pass)

カスタムサーバーを使用するには、アウトバウンドソケットバインディングを指定せずにカスタムメールサーバーを作成します。カスタムメールサーバーのプロパティー定義でホスト情報を指定できます。以下に例を示します。

/subsystem=mail/mail-session=mySession/custom=myCustomServer:add(username=user,password=pass, properties={"host" => "myhost", "my-property" =>"value"})

カスタムプロトコルを定義する場合、ピリオド (.) が含まれるプロパティー名は完全修飾名と見なされ、直接渡されます。my-property など、他の形式は mail.server-name.my-property という形式に変換されます。

以下の XML は、カスタムサーバーが含まれるメール設定の例になります。

<subsystem xmlns="urn:jboss:domain:mail:3.0">
   <mail-session name="default" jndi-name="java:jboss/mail/Default">
        <smtp-server outbound-socket-binding-ref="mail-smtp"/>
   </mail-session>
    <mail-session name="myMail" from="user.name@domain.org" jndi-name="java:/Mail">
        <smtp-server password="password" username="user" tls="true" outbound-socket-binding-ref="mail-smtp"/>
        <pop3-server outbound-socket-binding-ref="mail-pop3"/>
        <imap-server password="password" username="nobody" outbound-socket-binding-ref="mail-imap"/>
    </mail-session>
    <mail-session name="custom" jndi-name="java:jboss/mail/Custom" debug="true">
        <custom-server name="smtp" password="password" username="username">
            <property name="host" value="mail.example.com"/>
        </custom-server>
    </mail-session>
    <mail-session name="custom2" jndi-name="java:jboss/mail/Custom2" debug="true">
        <custom-server name="pop3" outbound-socket-binding-ref="mail-pop3">
            <property name="custom-prop" value="some-custom-prop-value"/>
        </custom-server>
    </mail-session>
</subsystem>
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.