検索

3.7. ファイルシステムパス

download PDF

JBoss EAP はファイルシステムパスに論理名を使用します。他の設定は論理名を使用してパスを参照できます。そのため、各インスタンスに完全パスを使用する必要がなく、特定のホスト設定が汎用論理名に解決することができます。

たとえば、デフォルトの logging サブシステム設定は jboss.server.log.dir をサーバーログディレクトリーの論理名として宣言します。

例: サーバーログディレクトリーの相対パスの例

<file relative-to="jboss.server.log.dir" path="server.log"/>

JBoss EAP では、複数の標準的なパスが自動的に提供されるため、ユーザーが設定ファイルでこれらのパスを設定する必要はありません。

表3.5 標準的なパス
プロパティー説明

java.home

Java インストールディレクトリー。

jboss.controller.temp.dir

スタンドアロンサーバーおよびマネージドドメインの共通のエイリアス。ディレクトリーは一時ファイルのストレージとして使用されます。マネージドドメインの jboss.domain.temp.dir と スタンドアロンサーバーの jboss.server.temp.dir と同等です。

jboss.domain.base.dir

ドメインコンテンツのベースディレクトリー。

jboss.domain.config.dir

ドメイン設定が含まれるディレクトリー。

jboss.domain.data.dir

ドメインが永続データファイルの格納に使用するディレクトリー。

jboss.domain.log.dir

ドメインが永続ログファイルの格納に使用するディレクトリー。

jboss.domain.temp.dir

ドメインが一時ファイルの格納に使用するディレクトリー。

jboss.domain.deployment.dir

ドメインがデプロイ済みコンテンツの格納に使用するディレクトリー。

jboss.domain.servers.dir

ドメインがマネージドドメインインスタンスの出力を格納するために使用するディレクトリー。

jboss.home.dir

JBoss EAP ディストリビューションのルートディレクトリー。

jboss.server.base.dir

スタンドアロンサーバーコンテンツのベースディレクトリー。

jboss.server.config.dir

スタンドアロンサーバー設定が含まれるディレクトリー。

jboss.server.data.dir

スタンドアロンサーバーが永続データファイルの格納に使用するディレクトリー。

jboss.server.log.dir

スタンドアロンサーバーがログファイルの格納に使用するディレクトリー。

jboss.server.temp.dir

スタンドアロンサーバーが一時ファイルの格納に使用するディレクトリー。

jboss.server.deploy.dir

スタンドアロンサーバーがデプロイ済みコンテンツを格納するために使用するディレクトリー。

user.dir

ユーザーのカレントワーキングディレクトリー。

user.home

ユーザーのホームディレクトリー。

標準パスの上書き または カスタムパスの追加 を行うことができます。

3.7.1. ファイルシステムパスの表示

以下の管理 CLI コマンドを使用して、ファイルシステムパスのリストを表示します。

ls /path
注記

マネージドドメインでは、以下の管理 CLI コマンドを使用して、特定のサーバーのファイルシステムパスをリストできます。

ls /host=HOST_NAME/server=SERVER_NAME/path

以下の管理 CLI コマンドを使用して、ファイルシステムパスの値を読み取ります。

/path=PATH_NAME:read-resource
注記

マネージドドメインでは、以下の管理 CLI コマンドを使用して、特定サーバーのファイルシステムパスの値を読み取りできます。

/host=HOST_NAME/server=SERVER_NAME/path=PATH_NAME:read-resource

3.7.2. 標準パスの上書き

jboss.server.* または jboss.domain.* で始まる標準パスのデフォルトの場所を上書きできます。これには 2 つの方法があります。

  • サーバーの起動時にコマンドライン引数を渡します。以下に例を示します。

    $ EAP_HOME/bin/standalone.sh -Djboss.server.log.dir=/var/log
  • standalone.conf または domain.conf のいずれかのサーバー設定ファイルで JAVA_OPTS 変数を変更し、新しい場所が含まれるようにします。以下に例を示します。

    JAVA_OPTS="$JAVA_OPTS -Djboss.server.log.dir=/var/log"
マネージドドメインの標準パスの上書き

この例の目的は、/opt/jboss_eap/domain_data ディレクトリーにドメインファイルを格納し、各トップレベルディレクトリーにカスタム名を付けることです。デフォルトのディレクトリーグルーピングである by-server が使用されます。

  • ログファイルは all_logs サブディレクトリーに格納します。
  • データファイルは all_data サブディレクトリーに格納します。
  • 一時ファイルは all_temp サブディレクトリーに格納します。
  • サーバーのファイルは all_servers サブディレクトリーに格納します。

この設定を行うには、JBoss EAP の起動時に複数のシステムプロパティーを上書きします。

$ EAP_HOME/bin/domain.sh -Djboss.domain.temp.dir=/opt/jboss_eap/domain_data/all_temp -Djboss.domain.log.dir=/opt/jboss_eap/domain_data/all_logs -Djboss.domain.data.dir=/opt/jboss_eap/domain_data/all_data -Djboss.domain.servers.dir=/opt/jboss_eap/domain_data/all_servers

この結果、パス構造は次のようになります。

/opt/jboss_eap/domain_data/
               ├── all_data
               ├── all_logs
               ├── all_servers
               │   ├── server-one
               │   │   ├── data
               │   │   ├── log
               │   │   └── tmp
               │   └── server-two
               │       ├── data
               │       ├── log
               │       └── tmp
               └── all_temp

3.7.3. カスタムパスの追加

管理 CLI または管理コンソールを使用してカスタムのファイルシステムパスを追加できます。

  • 管理 CLI の場合、以下の管理 CLI コマンドを使用して新しいパスを追加できます。

    /path=my.custom.path:add(path=/my/custom/path)
  • 管理コンソールからファイルシステムパスを設定するには、設定タブに移動し、パスを選択して表示をクリックします。ここからは、パスを追加、変更、および削除できます。

このカスタムパスを設定で使用できます。たとえば、以下のログハンドラーは相対パスにカスタムパスを使用します。

<subsystem xmlns="urn:jboss:domain:logging:6.0">
  ...
  <periodic-rotating-file-handler name="FILE" autoflush="true">
    <formatter>
      <named-formatter name="PATTERN"/>
    </formatter>
    <file relative-to="my.custom.path" path="server.log"/>
    <suffix value=".yyyy-MM-dd"/>
    <append value="true"/>
  </periodic-rotating-file-handler>
  ...
</subsystem>
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.